ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

1000人の本物のファンさえ居れば、どんな仕事も成り立つ

ネットの広告で、ねるほどなーと思う話があったのでメモ。

theresponse【ザ・レスポンス】
広告

2008年『WIRED』誌の創刊編集長ケヴィン・ケリー氏が、後にすごく広がる記事を書いた。それは、小さな会社、小さな事業の真理を突いていた…✨

『1000人の本物のファンさえ居れば、どんな仕事も成り立つ』

サクッと言ってしまえば、こんな話。

「ファンとは、あなたが創り出すどんなものも買ってくれる人たち、この熱狂的なファンは、あなたのために300キロ遠くからやってくる。~中略~ 1000人のファンが年間1万円払ってくれれば年間1000万円。大抵の人は悪くない暮らしができる。1000人ってのは現実的な数字だ。1日1人獲得したとしたら3年で1000人になる

これは、クリエイター向けに書かれたものだけど、小さな会社でも、同じ事が言える。

ポイントは、小さな会社が生き延びるために「マスマーケットで大ヒット」させる必要はないということ。つまり大量のお客さんは必要ないってことだ。

✅大量のお客さんってのは大抵、関心度も低いからね。

少ないお客さんで、とっても深い関係がある方がいいと。店舗商売だったら、ホットペッパーとか情報誌で一回だけ来るお客さんより、常連客の方がいい。バーゲンセールに飛びついて来たお客さんより普段からちょくちょく来てくれる人の方がいい。ま、当然だわな。

 
「どうやってたくさん集めるか❓」

社長は集客の事を考えると、どうしても、こう考えがち。こんな事を言ってる自分も、その呪縛から逃れられない😰

でも、そうじゃなく、どうやって良いお客さんを集めるか?どうやって“1000人の本物のファン“の最初の10人を集めるか?という風に考え方をシフトしていくと良いのかもしれない。

 
本物のファンは、あなたのビジネスを全面的に支援してくれる。
本物のファンが居るからこそ、あなたの会社の売上は安定する。
 

🈁集客は量ではない。質が大切だ。

ファンになる人を集めよう。
あなたの商品・サービスを最高に気に入ってくれる人、人としての価値観が合う人。時間をかけてファンになってくれる人を集めよう。

おがわ
 
PS:
もし、集客についてもっと学びたいなら、こちらのウェブセミナーを見てみてね。

フェラーリ



2019年ネット集客最新事情
https://in.theresponse.jp/lead_optin

【“1000人の本物のファンさえ居れば、どんな仕事も成り立つ”の続きを読む】

タダ働きは無責任な仕事になる

タダ働きはロクなことがない、というお話がありました。




元ネタは「ラーメン発見伝」というマンガらしいです。

ラーメン発見伝 - Wikipedia

『ラーメン発見伝』(ラーメンはっけんでん)は、原作:久部緑郎、作画:河合単による日本の漫画作品。
ラーメンを題材としたグルメ漫画である。全26巻。



スキンヘッドのキャラクターは、芹沢という人物。

芹沢達也(42歳)
繁盛ラーメン店「らあめん清流房」の店主で、フード・コーディネーター。
冷徹で皮肉屋なリアリストだが、理想の味の追求と提供を決して怠らない情熱家でもある。
スキンヘッドの異貌で、本人によればこれは万が一にも髪の毛がラーメンに入ってしまうのを防ぐためであり、「ハゲ」呼ばわりされた時には怒っていた。
高層マンションで優雅な暮らしをしている。



有能な人で、指摘も鋭い、ということなのでしょう。
作中で作者が語らせた言葉ですが、確かにそうだよなー!と思いました。

「金を払う」とは仕事に責任を負わせること、
「金を貰う」とは仕事に責任を負うことだ。
金の介在しない仕事は絶対に無責任なものになる。



人と人のつながり、結び付けるものが金だけってのは寂しい話ですね?
でも、現実とはそんなもの。

みんながみんなボランティアで、お金なしでもせっせと働くわけじゃない。
ボランティアだって、自分が食っていくために必要なお金は稼いで、残りの時間を無給で働いているだけだろう。
24時間ボランティアって人も、たまにはいるだろうけど、全員が全員真似できるかっていえば難しいかも。

まあ、それにしても、東京都知事の舛添要一さんは、前都知事の猪瀬直樹さんよりも酷い嘘つきでしたね?
こんなのがリーダーになれる日本って、ダメだよなー?

ラーメン発見伝 芹沢達也

ラーメン発見伝 (1) (ビッグコミックス)
久部 緑郎
小学館
2000-06
¥ 545

商売で成功する秘訣は、工夫と圧倒的な努力

どうやったらビジネスで成功するか?というお話がありました。

堀江貴文「好きなことで食っていける人と食っていけない人の差は工夫と圧倒的努力の2点」 | netgeek

「堀江さんは好きなことでお金を儲けています。好きなことで生計を立てられる人と立てられない人の違いは何でしょう?」

この質問に対して、ホリエモンは物凄くシンプルに「工夫と圧倒的努力の差」と一言で回答した。
つまりは、ビジネスでは、まず正しい方向性を見つけ、それに向かって愚直に突き進むことが大切ということだ。

ビジネスに裏ワザのようなショートカットはない。
ただライバルと少しでも差をつけるために常に頭を使って考え、実際に行動してコツコツと努力を積み重ねていくしかないのだ。
「工夫と圧倒的努力」。
あなたは自分の仕事で実践できているだろうか。





言われてみたら、いちいちもっともだよなー。

(1) 工夫
(2) 圧倒的な努力

工夫は、まあまあしているつもりだったけど、努力が足りない。
しかも、並大抵の努力ではなく、圧倒的な努力が足りてなかった。
反省。。。

よーし、これから、努力じゃなくて、「圧倒的な」努力をするぞ~!!!

頑張ろうw

必要な人材は、普通の人で十分

2chまとめサイトで、なかなか含蓄のある記事がありました。(メモ)

大企業→無職→極小零細へと再就職したら天国だった:キニ速

この理由を後々社長に直接聞いた所によると、社長曰く
「社として仕事が優秀な人を求めてるわけじゃないんです。普通で十分。
でもその代わり、日常での当たり前の水準で判断したいんです」と。

要するに、社長は挨拶できない人とか箸が正しく持てない人とか、
クチャラーとか身だしなみがだらしない人とか、倫理感がない人とか、
俗に言う「育ちが悪い」って人と同じ空間に居たくないからこの試験にしたと言い切った。



【“必要な人材は、普通の人で十分”の続きを読む】

Alexaの人気サイトランキング

Webサイトの人気ランキングがありました。(メモ)

世界ランキング
Alexa Top 500 Global Sites

国別ランキングの一覧リスト
Alexa - Top Sites for Countries

日本国内ランキング
Alexa - Top Sites in Japan

カテゴリー別ランキングの一覧リスト
Alexa - Top Sites by Category: Top

人気サイトの上位を見ると、Webサイト制作の参考になりますね?

アレクサ・インターネット - Wikipedia

Alexa Internet(アレクサ インターネット)は、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くインターネット関連企業。
1996年に設立され、1999年にAmazon.comの傘下となった。

事業内容は、ウェブ巡回技術を使ってウェブサイト情報や利用状況に関するデータを集め、ウェブサイトがどれだけの人に見られているかを調査すること。
alexa.comでは、ドメインのアクセス量(トラフィック)や訪問者数、1回の訪問あたりの閲覧ページ数などを表示できる。
また、Alexa InternetはWayback Machineのデータ提供元でもある。



Alexaって、Amazonの子会社なのかー。
へ~! 知らなんだ!

LINEでの経験上、若くてきれいな女性が使い始めると、男性もついてくる。

Webサービスを作るとき、若い女性をターゲットにしたら良い、という話がありました。

LINE退任の森川亮氏 気になる次の一手は「動画で世界へ」(前編) (女性自身) - Yahoo!ニュース

「女性をターゲットにしたのは、次につながりやすいからです。
LINEでの経験上、若くてきれいな女性が使い始めると、男性もついてくる。
逆に男性だけが集まると、女性は離れていきますからね(笑)。」



女に釣られて、男も集まって来る、と。

WebサービスのUIは、10~20代の女性向けにしとけばいいですね?

Girly Style with GOLD オシャレな質感の大人デザイン装飾素材集
ingectar-e
ソーテック社
2013-04-27
¥ 2,808


【“LINEでの経験上、若くてきれいな女性が使い始めると、男性もついてくる。”の続きを読む】

大学はパワハラの温床?

大学という職場は、小さな村社会です。
出世競争や自分の地位を固めるために、社内政治が繰り広げられています。
閉鎖的な環境の中で、パワーハラスメント、嫌がらせが蔓延しているのです。

実際に、大学の教職員から話を聞くと、酷い事例が多々あります。
まあ、大学の実態を知っていたら、まともな人なら選ばない職場でしょう。

東大、パワハラや予算不正利用の疑いで調査委員会発足~事業利用者から苦情も | ビジネスジャーナル

「東大に限らず、学問の世界で研究に明け暮れてきた人々は外の世界を知らない。アカハラ、パワハラは歯止めが利かず日常茶飯事だ。大学の中のことしか知らないので、外から問題児が来ても、さっさと処分することもできない。コンプライアンス重視と口では言えても、なかなか抜本的な対策は難しいのではないか」


【“大学はパワハラの温床?”の続きを読む】

日本経済の展望~スタグフレーションに備えて

2ch見てたら、経済ネタがありました。

【悲報】日本は今後スタグフレーションに陥ります
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/4197548.html

世界経済がいかにヤバイか語る
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/4209487.html

日本経済の先行きがヤバイのは、今発覚したわけじゃなくて、今さらなわけですが、状況はシビアに見つめるべきなのでしょう。

リスク管理という観点で、何が起こっても大丈夫なように準備をしておけば、安心できますね。
仕事のリスクヘッジはどうするかな~?

お金が無価値になっても生きていけるように、現物主義で行きますかね?
「衣食住」を確保しておけば、しばらくは安泰でしょう。

経済格差による生活困窮も、知的生産技術を持つことによって、単なる貧乏人労働者にならなくて済むようにしたいものです。
幸いなことに、私の育った家庭は裕福ではありませんでしたが、教育だけはシッカリつけてくれたので、IT技術を学び、使いこなすことができました。
しばらくは、コンピューターもインターネットもなくなる気配はなさそうなので、食いっぱぐれないで済みそうです。

今後は語学を磨いて、英語以外にも、いくつか外国語を習得して、グローバルな活動も行いたいと思いました。
とりあえず、今まで使ってきた言語だと、ドイツ語、タイ語あたりをブラッシュアップすべきかな?
人口の多さなどを考慮すると、中国語、スペイン語、ロシア語なども、日常会話程度はマスターしておきたいです。

私は、ユダヤ人たちに比べると、いささかアホな部類に入るのでしょうけれど、現代的なリベラルアーツを得ることはできたので、教育機会をプレゼントしてくれた両親には感謝しています。

今の人間社会は、先に生まれた者が、後から生まれてきた者を搾取する構造があるように見受けられます。
たとえば、教育。
だから、教育機会に恵まれなかった人々にも、チャンスが回ってくるように、教育改革に少しでも寄与できればと所望します。




二人で探して 歩いたこの長い距離を 僕らはまだ夢の途中だよね

看護婦が狙われるデート商法

看護婦って、寂しい女が多いの!?

デート商法のカモは、看護士というニュースがありました。

「肉体関係ありの「SNSデート商法」 最大の“カモ”は20代看護師たち」:イザ!
【“看護婦が狙われるデート商法”の続きを読む】

ハズレ物件

あーあ、ハズレくじを引いちまったかー。残念!><

事前の調査って、大事なんだなー。

【“ハズレ物件”の続きを読む】