ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドットインストール学習日記 CSS編 #02 CSSはどこに書くか?

ドットインストール学習日記 CSS編の第2回目。

今日は、「#02 CSSはどこに書くか?」を勉強してみます。

今回の動画は、2分40秒。
http://dotinstall.com/lessons/basic_css/101

このレッスンで解説されている処理の概要は以下のとおりです。
・外部ファイルにCSSを書く方法。
・STYLEタグを使ったCSSを書く方法。
・HTML要素にCSSを書く方法。





●テキスト

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>CSSのお勉強</title>
<link rel="stylesheet" href="mycss.css">
<style>
h1 {
color: red;
}
</style>
</head>
<body>
<h1>大見出し</h1>
<p style="color:red">こんにちは!</p>
</body>
</html>


mycss.css

h1 {
color: red;
}





●学習メモ

CSSを記述する場所=CSSの内容を置く場所は、3つある。
(1) 別のファイルに切り出して、呼び出す。
(2) headタグ内にstyleタグを置いて、その中に書く。
(3) 直接タグ内に、style属性を置いて、その中に書く。

まあ、HTMLからデザインを分離するのが、CSSの本来の目的だから、(1)の一択だな。

<link rel="stylesheet" href="mycss.css">
という具合に、
linkタグで、rel属性とhref属性を指定すればOK。

ここは、単純な話で、まだ悩むところじゃない。

XHTML/HTML+CSSスーパーレシピブック
エ・ビスコム・テック・ラボ
毎日コミュニケーションズ
2009-12-19
2940円
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/1006-0611ae11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。