ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間欠強化(かんけつきょうか)で人間関係を改善!?

ヤフーのニュースとか見てたら、なんか面白い記事を発見!
→ 忘れないうちにメモ!

あの人から求められるようになる!悪用厳禁の心理効果「間歇強化(かんけつきょうか)」とは | nanapi [ナナピ]

> 恋愛 > 片思い > 告白のコツ > 心構え > あの人から求められるようになる!悪用厳禁の心理効果「間歇強化(かんけつきょうか)」とは


随分と細かくセグメント(領域の分割)がなされているんですねwww

「好きなんだけど、相手は振り向いてくれない…」「嫌いではないと思うんだけど、積極的になってくれない」という相手はいませんか?女子であれば自分からガツガツいくのも恥ずかしいですよね。

そこで今回は、相手を積極的にさせる「間歇強化(かんけつきょうか)」という心理用語の説明をします。上手く使えば、相手から告白してくれるようになるかもしれませんよ。



「そんなうまい話、あるわけねーw」とか思いましたが、どんな手口だんだろーと思って一読。
報酬の与え方、中毒、依存症と関係のある、心理学の概念が紹介されてました。
結構、参考になる記事でした!(・∀・)

間歇強化(かんけつきょうか)とは

「間歇強化(かんけつきょうか)」(間欠強化とも)とは、心理学用語で、確実にもらえるとき以上に成功報酬がもらえる頻度が少ないほど、もらえたときの快感が大きくなり、その余韻を味わうために、何度も継続してしまうという心理原則です。

簡単に言うと、毎回報酬がもらえるときよりも、時々報酬がもらえることの方が人間はのめり込みやすいということです。



あー、これ、分かるわー!
ある経験の前後で差異=ギャップ、が大きいと、相対的に印象が強まる、という錯覚ですね!

スキーナの実験

アメリカの心理学者スキーナが、レバーを押せばエサが出てくる装置Aと、押したらたまに出てくる装置Bを使ってマウスの実験を行いました。

実験は、何回かボタンを押した後にどちらもエサの供給をやめるという条件で行われました。

Aの装置のマウスは、連続で出ていたエサの供給が止まるとすぐにボタンを押すのを止めました。

一方、Bのマウスはたまにも出てこなくなったあとでも、レバーを押し続けました。

この実験で、毎回もらえる報酬よりも、たまにしかもらえない報酬のほうが熱中しやすいという事がわかりました。



…人間も動物も、大差ないと。
てか、人間も動物の一種といえば一種だし、共通部分もある=同じっちゃー同じだね。

報酬は毎回与えていると、ありがたみが薄れてしまうんだなー><

例えば、水道。
日本じゃ水道の蛇口をひねれば、綺麗な水が出てくるけど、
よその貧しい国では、まだ井戸から水を汲んでいるところもある。

綺麗な水がいつでも飲めることも、日本だと当たり前過ぎて、ありがたい!という感動は薄いだろうねー><

他にも、うまくいくことよりも、時々成功することのほうが熱中しやすいという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

この「間歇強化」を恋愛にも応用することが出来ます。
心理学者の植木理恵さんは「アメとムチ」ならぬ「アメと無視」と表現しています。



植木理恵 - Wikipedia

植木 理恵(うえき りえ、1975年 - )は、日本の心理学者、臨床心理士、心理評論家。
大分県出身。
大分県立大分上野丘高等学校卒業後、お茶の水女子大学生活科学部人間生活学科(発達臨床心理学講座)卒業。
2003年、東京大学大学院教育学研究科教育心理学コース博士課程単位取得退学。

来歴
2003年 - 2006年 文部科学省日本学術振興会特別研究員PD(心理学)
日本教育心理学会「城戸奨励賞」「優秀論文賞」受賞。
2006年 - 慶應義塾大学非常勤講師、臨床心理士として都内総合病院心療内科に勤務。
2013年 - 一般男性と年末に結婚



Amazon.co.jp: 植木 理恵:作品一覧、著者略歴

植木 理恵

アメと無視とは

ではアメと無視とはどのようにするのでしょうか。
それは、相手の行動に対して好意的な表現を減らすということです。
相手がしてくれることに対して毎回同じように喜んでいただけでは、相手は自分に熱中してくれません。



毎回だと、感動、ありがたみが薄れてしまうということやね?

そこまでは分かるんだけど、次の話が、いまいち自分の経験だと分かりづらいかも?

しかし、なかなか喜んでくれない人が時々喜んだ表現や表情を見せてくれると、もっと引き出したいという感情が起こるのです。
その結果、これまで以上に何度も自分にアプローチを掛けてくれるようになります。



「話しかけられて反応しない」という意味の無視ではありません。
それは、「ムチ」となってしまうことがあります。



相手からみて、どうでもいいやつは、やっぱどうでもいいわけで、
ときどき、喜んでくれたからって、
「次も!」「もっと!」
となるかどうかは、別だと思うんですよねー(棒)

ただ、毎回だとありがたみが失われる、という観点から、
ときどきにした方が効果が高い、という観点は常に意識しておこうと思います。
→ というより、「ときどき」はズボラな人間には向いてるねwww(私だ)

いい人で終わる人

よく、「〇〇君はいい人止まりだよね」という言葉を聞くかと思います。
これは、この間歇強化が1つの原因になっているかもしれません。

「いい人」というのは悪い印象ではありません。
それなのになぜ好きになられないかというと、毎回「アメ」を出しているからなのです。
常に優しくしてくれて、困っていてもいつも助けてくれるということは、必ずしもその人を好きになる(熱中する)ということにはつながらないのです。



これが、この記事を読んで、一番収穫があった発見!
→ 俺、このタイプかも!?

「何で俺みたいな親切な奴じゃなくて、チョイ悪の方がいいの?」
とか思ってたけど、疑問が解消したかんじです(涙)><

間歇強化を使った恋愛テクニック

1:普段あまり話さないなら笑顔で挨拶

2:連絡を取り合う間柄なら自分から連絡を

3:何気ない会話ばかりなら褒めてみる

4:遊びに行く間柄なら相手が喜ぶオシャレを



ポイントは、いつもとちょっと違う付加価値をプラスせーっちゅうことやな!

なお、記事で使われていたイメージ写真は、素材サイトで調達した模様…
http://presenpic.com/
これも、イイネ!(・∀・)


●間欠強化
「間欠強化」について、ちょっと調べて、理解を深めておこう!

間歇強化 - Google検索 約 89,200 件
間欠強化 - Google検索 約 121,000 件
文字の違いで、二つ調べたら「間欠強化」の方が多くヒットしました。
「歇」って漢字の方が難しくて、なじみがないですよね?



依存症 - Wikipedia

行為の強化
報酬による行為の強化には、「行為A」のあとに必ず「報酬B」が与えられる定型的強化と、「行為A」のあと、気まぐれに「報酬B」が与えられる間欠的強化がある。
間欠的強化のほうが、「行為A」への執着が高まることが知られており、これはギャンブル依存症発症の機序のひとつとされる。



5回に1回は断る?人がハマっちゃう心理「間欠強化」とは? - NAVER まとめ

駆け引きのテク~一度ハマったらやめられない「間欠強化」の法則とは? | 「マイナビウーマン」

心理学COCOROの法則: 001155)オペラント行動強化スケジュール

強化スケジュール(schedule of reinforcement)は、いくつかの種類に分類される。

1.連続強化(continuous reinforcement)
これは、自動販売機の物を買うように、行動が起きる度に強化される場合である。

2.部分強化(partial reinforcement)
連続強化以外の強化の仕方のことを部分強化、または、間欠強化(intermittent reinforcement)という。



今年は、(ズボラな人にピッタリの?)間欠強化で、人間関係を改善してみたいと思います!(笑)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/1095-3c6886bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。