ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松尾愛和さんを殺した徳勝もなみさんから学べること

人は、程度の差こそあれ、誰でも過ちを犯すもの。
ときには、殺人もしてしまう。
人間ではなくても、生き物を殺してしまう。

死んだ生き物は、生き返らない。
だから、失敗だったと思っても、もう取り返しがつかない。

なんで地球から殺人がなくならないんだろうね?
人間って不幸になるべくして、不幸になる存在なのだろうか?

ニュースを見て、ふと考えてしまった…。

松尾愛和」で検索すると、「徳勝もなみ」という名前が出てくる。

【佐世保事件】徳勝もなみが松尾愛和さんを殺害した経緯まとめ【画像あり】 - 中国・韓国・在日崩壊ニュース

2 :可愛い奥様@\(^o^)/:2014/07/30(水) 04:02:10.30 ID:39IV0V6c0.net
殺害 7/26(土)午後8時頃と犯人供述

<時系列>
1.数日前に女子生徒から被害者(小学からの最仲良し)に会いたいと連絡し土曜日に約束
2.7/26(土)午後2時過ぎに母親に「女子生徒の部屋に遊びに行く」と外出
3.午後3時に外で待ち合わせし二人で佐世保市街でウインドーショッピング後、現場マンションへ
4.同日午後6時40分頃「7時ころに帰る」と被害者が母親にメール
5.帰宅しないので被害者の母親が加害者の親に問い合わせる
6.女子生徒の親が娘に行方を聞いたところ「松尾さんとは、6時半頃に別れた」と答えたという
7.午後11時頃、被害者両親が110番通報し捜索願を出す
8.午前3時15分頃、部屋に居る女子生徒を父親と警官が電話でマンションの玄関まで呼び出す
9.午前3時20分頃、女子生徒に松尾さんの所在を尋ねたところ「知らんけど」と答える
10.警官は女子生徒の父親の許可を得て部屋に入り、ベッドにあおむけで首の切られた遺体を発見
11.女子生徒を佐世保署へ任意同行、自分が殺したと認めたので午前6時11分殺人容疑で緊急逮捕



松尾愛和 - Googleトレンド


徳勝もなみ - Googleトレンド


辻菜摘 - Googleトレンド


徳勝もなみの父親は弁護士で、地元の名士らしい。
裕福な家庭で育ったのに、何が不満だったのだろうか?

親も、子供の育て方を間違えたのではないだろうか?
そのくせ、こんな事件を起こしたら、
「こんな子に育てた覚えはない!」
などと白を切るものだ。

こんな子に育てたのは、間違えなくその親だ。
事件が起こる前に、その前兆はあったのではないか?
ダメなものはダメ、ときちんと教え諭したか?
甘やかして育てて、歯止めのない人格にしてしまったのではないか?
教育において最善を尽くして、この結果なら、もはや親の責任ではなく、本人自身の後天的な要素として、考えるしかないだろう。

<高1同級生殺害>逮捕の少女、別居直前に父親に暴力 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

毎日新聞 7月30日(水)10時56分配信

<高1同級生殺害>逮捕の少女、別居直前に父親に暴力

 長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件で、殺人容疑で逮捕された少女(16)が事件直後、衣類を着替えるなどして発覚を防ごうとしていたとみられることが、捜査関係者への取材で分かった。また、少女が1人暮らしを始める直前の3月、父親を金属バットで殴りけがをさせていたことも、関係者への取材で分かった。県警は家庭内の不和から少女が1人暮らしをするようになった可能性もあるとみて、事件との関連も念頭に慎重に調べている。

 逮捕容疑は、26日午後8時ごろ、マンションの自室で、クラスメートの女子生徒(15)の後頭部を工具で多数回殴り、ひものようなもので首を絞めるなどして殺害したとしている。遺体はベッドにあおむけの状態で、一部が切断されていた。

 女子生徒が帰宅しないことから保護者が110番し、警察官がマンションに駆けつけた。この時、部屋の外に出てきた少女の服や体には血液などが付着していなかった。女子生徒の行方について少女は「知らない」と答えていたが、警察官が室内に入って遺体を見つけた。服を着替え、体を洗うなどしたとみられる。

 一方、関係者によると、少女は高校に進学した4月から市内で暮らす両親と離れ、マンションで1人暮らしをしていたが、3月に父親を金属バットで殴り負傷させていた。

 少女の実母は昨年10月にがんのため亡くなり、中学3年生だった少女は以降、不登校状態だった。一方、父親は今春、再婚した。4月から1人暮らしを始めた少女は高校進学後も不登校状態が続き、1学期の登校日数は3日だった。県警は、こうした家庭環境や生活環境の激変が事件の背景にある可能性もあるとみている。

 捜査関係者によると少女は「人を殺して解体してみたかった。解剖に興味があった」という趣旨の発言をしている。県警によると、女子生徒の死亡推定時刻は26日午後8~10時ごろで、死因は首を絞められたことによる窒息死だった。【大場伸也】

最終更新:7月30日(水)14時1分毎日新聞



父親も娘に金属バットでボコられたらしい。こりゃ手に負えんわな!


●殺人欲求
人は誰でも、他人を殺そうとする衝動=殺人欲求を持っていると思う。

高校時代いじめられていた父が同窓会に参加して大怪我して帰って来た - やすらぎ速報

6 :名無しさん@HOME : 2013/08/06(火) 23:19:40.40

親父を虐めた奴は都市銀行に行って最初は順調だったらしいが
平成の金融不況でその銀行も経営危機に陥り吸収合併の憂き目にあった。
吸収された方なので立場も弱いし、一度の吸収で済まなかった事もあって
そのいじめっ子は結局銀行から完全に放逐され今コンビニバイトを
やっていたらしい。しかも離婚して親権も相手に取られたとか。
その話を聞いた上にその相手が同窓会に来ると知った親父は同窓会に乗り込み
散々「NDK。NDK」とやりまくってボコボコに殴られたらしかった。
当然父は被害届を出しこれで刑務所行きだ。ザマー見ろと喜んでいたが
初版だったりした事もあり刑務所行きにはならなかったものの
そのタイミングで俺が就職して独立した事で経済上余裕が出来た親父は
その相手の事年に数回興信所で調べアルバイトでも何でも働いてる所があれば
その働き口に前科の事を電話や手紙で密告して結果その相手が首になると言う事を
繰り返していた。何でも相手を社会的に抹殺して餓死に追い込む事が目的だったようだが
そんな事を繰り返してる間に相手が自○した。
その時の父の心底嬉しそうなニヤニヤ笑いが修羅場。

俺は決して人の恨みは買うまいと決意したね。



無自覚な人でも、自分が殺されそうになったらイヤだと思うだろうし、自分が殺されるぐらいなら反撃して相手を殺してやろうと思うだろう。
みんなが殺人欲求を本能のままに実行したら、世の中はメチャクチャになり収拾がつかなくなる。
だけど、それじゃマズイと思ったら、変えようとして、ブレーキをかけるだろう。
ブレーキをかけることができる人とできない人がいるのだ。
ブレーキをかけられない人は、自分で自分をコントロールできない=未熟なのではないか?


●被害者の苦しみ
被害者に落ち度を求めるのは酷だが、しかし犯罪を未然に防ぐためには、犯罪被害者にも賢明な行動を求める他はない。
他の誰のためでもない、自分自身のためなのだから。

もし、自分が殺されると分かっていたら、そんな場所にはノコノコと出かけたりはしないだろう。
犯人がキチガイだと分かっていたら、警戒して行動するだろう。
それが分からなかったから、被害に会ってしまったのだ。

未来が見える超能力者でもない限り、すべての危険を察知することはできない。
だから、仕方がないといえば仕方がないのだが、残念でならない。

この事件から教訓として学ぶことがあるとすれば、
身の回りに、意外とキチガイがいるのではないか?という慎重さ、警戒感を忘れないようにしたい。

あと、被害者本人だけではなくて、被害者の親族とか近親者も苦しむということを忘れてはならない。

【長崎】 佐世保・小6同級生殺害事件 被害者の兄は相談を受けていた 事件後、精神障害で高校退学 当時を語る - READ2CH

かしわ餅ρ ★@転載禁止[sage] 2014/04/29(火) 09:09:03.46 ID:???0

妹を失った悲しみや、日常生活を送るつらさを誰かに聞いてほしかった-。長崎県佐世保市の
小6女児同級生殺害事件で、妹の御手洗怜美(さとみ)さん=当時(12)=を亡くした男性(24)が5月、
初めて講演し、孤独だった日々を振り返る。事件前、妹から加害女児とけんかになっていると
打ち明けられた。「自分がきちんと対処していれば事件を防げたのでは」。
自責の念を1人で抱え込み、苦しんだ。6月で事件から10年。ようやく向き合えるようになった記憶をたどり、
犯罪に巻き込まれた子どものケアの大切さを訴える。

 男性は怜美さんと3歳違いで、佐世保市の中学に通っていた。2004年6月1日、授業中に1人呼び出された。
生徒指導室にいた校長や数人の教師たちは深刻な表情で黙ったまま。事件を伝えるインターネットの
速報記事を無言で渡された。「怜美が死んだ」と理解しながら、現実のこととは思えなかった。
深夜、遺体と対面したときになって、涙があふれた。

 もともと感情をあまり表に出さない性格だった。うつろな表情の父恭二さん(55)を見て、
「おやじさんがどうにかなるんじゃないか。しっかり生活する姿を見せて元気づけないと」と思った。
気丈に振る舞い、夜、布団に入ってから声を押し殺して泣いた。
中学でも、友人や教師と事件の話はしなかった。誰かに聞かれることもなかった。

 母を病気で亡くしたこともあり、2人で過ごすことの多い仲の良い兄妹だった。
事件の1、2カ月前、怜美さんから、加害女児と交換日記やインターネットの書き込みでけんかに
なっていると相談された。「落ち着くまで交換日記はやめておいたら」と助言した。女児とも顔見知り。
2人は仲直りしたように見えた。



【佐世保殺人】 新 事 実 発 覚 !!!! 加害者・徳勝もなみの怖ろしい供述 「個人的な恨みはなかった」「ネコを解剖したことがある」

8: 日本人 2014/07/29(火) 20:08:45.56 et

■加害者:徳勝 もなみ(とくかつ もなみ)
15歳、佐世保北高等学校1年生、スピードスケートで国体出場
佐世保ピアノコンクールで受賞
第59回長崎県小・中学校児童生徒美術作品展で絵画受賞

多才だったらしいが根暗で友達はいなかった
小学生の頃に同級生の給食に洗剤を混入した前科が

■父:徳勝 仁(とくかつ ひろし)
昭和36年 長崎市生まれ
昭和60年3月 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
平成2年4月 弁護士登録(佐世保市での業務を開始)
娘の洗剤事件をもみけした事が街BBSで密告されている
妻がなくなって3ヶ月程度で再婚し、娘を家から追い出し一人暮らしさせた?
http://web.archive.org/web/20140625063233/http://tokukatsu.com/lawyers/index.html

■母:徳勝 宏子(とくかつ ひろこ)
故人、平成25年10月没 享年51歳
教育委員会やスケート連盟などに所属し社交的
http://megalodon.jp/contents/173/781/699.mime4



徳勝もなみ

徳勝もなみ

徳勝もなみ

徳勝もなみ

父:徳勝 仁

母:徳勝 宏子

俺がこの子の父親なら、やっぱ泣くだろうね?

この子は、精神鑑定を受けて、多分キチガイ扱い=責任を問われなくて、数年すれば社会に復帰するだろう。
キチガイが野に放たれる。
こういう犯罪者は追跡調査して、どこにいるか分かるようにして欲しい。

犯罪者の人権も大事だ、という考え方もあるのだろうけれど、再犯で被害者になる可能性のある人を保護する目的で、前科者がどこにいるか分かるような検索サービスが必要だろう。

=人権に配慮する、というのなら、匿名で半径1キロ程度のおおまかな位置情報でも良い。
=近所に前科者がいる人は、日々犯罪を警戒して、慎重に過ごし、犯罪に巻き込まれないように、防止対策を講じて欲しい。

人権と犯罪防止~両立のための方法を、我々は検討しなければならないだろう。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/1116-7a459101
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。