ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nexus5のバンパーケース

Google Nexus5 を落下などの衝撃から保護するために、バンパーケースを探した。
放熱性の良さそうな、枠の形をしたケースがあった。

GMYLE(R) ホワイトためのスリムフィット柔らかいゴムプラスチックTPU柔軟な保護ハードバンパーケース Google Nexus 5専用

GMYLE

¥ 358


【Homu Homu】Nexus 5 ネクサス5 イー・モバイル EM01L【全6色】ハイブリッドツートンTPUバンパー ケース バンパー シリコンケース (ホワイト)(69-2)

Homu Homu

¥ 1,980


↑見た目からすると、同じものみたい。

ストラップを取り付けるための穴=ストラップホールも付いているので、便利かな?

レビューを見てみると、使い勝手はまあまあ良さそうだ。

●スマホの放熱対策
スマートフォンを覆う形で使うカバーケースは、熱がこもってしまい、発熱するバッテリーの寿命を短くしてしまう、というニュースがあった。

命の危険も!? 「スマホにカバー」がNGな理由をメーカーに聞いた - ライブドアニュース

「正直カバーはおすすめしません。特に長時間スマホを操作される場合は、カバーで放熱が阻害され、電池の安全温度を超えてしまう恐れがあります。また充電時は長時間電池が高温域にあるため、カバーは取り外して充電してほしいのが本音です。」



安全温度を超えた電池はどのようになっているかというと、リチウムイオン電池の特性上、熱暴走が始まり、電池が通常の数十倍の早さで劣化(最大容量低下)してしまうのです。また熱暴走で済めばマシかもしれません。経済産業省の調べによれば、電池の過熱の結果、発火・爆発などの事故も起こっているとのことです。



・カバー型のケースは、放熱を阻害するのでNG
・バンパー型のケースは、背面を塞がないので、それほど放熱を阻害しない?=OK

…ということで、ケースをつけるならバンパー型にしておこう。

あと、素材だけど、
・金属は、電波を阻害する。 → 電波がつながりにくくなる。
・プラスチックは、電波を阻害しない。 → 電波はつながりやすいまま。

…ということで、ケースの素材はプラスチック等でOK。

(1)放熱と(2)電波の、二つの条件から、上記のケースがいいかなーと思いました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/1119-dda4505e

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。