ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

全世界反ユダヤ主義監視法

すげー法律がありました。




全世界反ユダヤ主義監視法 - Google検索

全世界反ユダヤ主義監視法 - Wikipedia

全世界反ユダヤ主義監視法(ぜんせかいはんユダヤしゅぎかんしほう)は、2004年10月に成立したアメリカ合衆国の法律。
正式名称はThe Global Anti-Semitism Review Act of 2004 (Public Law 108-332, 118 Stat. 1282) 。
国務省の担当部局が全世界の反ユダヤ主義を調査し、連邦議会に毎年報告することを義務づけている。



ゴイ - Wikipedia

ゴイ(Goy、ヘブライ語: גוי‎)とは、ヘブライ語聖書でイスラエル民族を指す語。
非ユダヤ人の諸民族を指す複数形のゴイム(goyim、גוים、גויים)は、『出エジプト記』34章24節の「我は汝の前に諸民族を追放するであろう」という表現にも見られ、それよりはるか以前の古代ローマ時代には「異教徒」も意味したという。
後者はイディッシュ語に見られる表現である。

現在では専ら非ユダヤ人を指す差別語でもあり、クリスチャンやムスリムに対して広く用いられるが、ユダヤ人がユダヤ教以外のあらゆる宗教を奉じる人々を指して使うことが多い。



ユダヤ人・シオニストを批判すると犯罪人に? アメリカで制定されたとんでもない法律

アメリカで2004年に驚くべき法律が制定されたそうだ。

ブッシュ米大統領が「全世界反ユダヤ主義監視法(the Global Anti-Semitism Review Act of 2004)」に署名し、10月16日に公布された。

これにより、アメリカの諜報機関CIAやNSAは公然と、当局が「反ユダヤ的」と見なす全ての言動を世界規模で監視することになる。つまり、「ユダヤ様」の前では“国際法”も“人権”も“言論の自由”も全て吹き飛ぶ…ということである。


私の知る限り、日本のマスコミは、米国のこのようなとんでもない法律の制定について、一切まともに報道していない。


ある人物が『反ユダヤ的』と見なされるための條件は、次の14項目だそうだ。

(1)ユダヤ社会が政府、マスコミ、国際ビジネス世界、金融を支配して居る、との主張。

(2)強力な反ユダヤ的感情。

(3)イスラエルの指導者に対する公然たる批判。

(4)ユダヤの宗教を、タルムード、カバラと結び付けて批判すること。

(5)米国政府と米国社会が、ユダヤ=シオニストの影響下にある、との批判。

(6)ユダヤ=シオニスト社会が、グローバリズム又はニューワールドオーダーを推進している、との批判。

(7)ユダヤ指導者などをイエス・キリストのローマによる、十字架に付けての死刑の故に非難すること。

(8)ユダヤのホロコーストの犠牲者を六百万人の数字をなんらかの程度で切り下げる主張。

(9)イスラエルは人種主義的国家であるとの主張。

(10)シオニストの陰謀が存在すると主張すること。

(11)ユダヤとその指導者たちが共産主義、ロシアボルシェビキ革命を造り出した、とする主張。

(12)ユダヤ人の名誉を毀損する主張。

(13)ユダヤ人には、パレスチナを再占領する聖書に 基づく権利はない、との主張。

(14)モサドが9/11攻撃に関与したとする主張。

私には、(1)や(5)(6)、(9)(11)(14)など、これらのほとんどの記述が全て事実としか思えないのだが、事実を主張すると犯罪人扱いされる、とは実に驚くべき「法律」ではないか。

この法律を執行する任務は、米国の国務省に与えられており、米国政府は、この法律にもとづいて、全世界を監視することができるとある。

つまり、米国政府は、世界中の全人類に対して、ユダヤ=シオニスト=シオニズムを批判するいかなる人物も、犯罪人である、と宣告できるわけである。

これは「言論統制」である。“自由と民主主義の国”を自称するアメリカが、こんなファシズムを平気でやっている。

今後、イスラエル、ユダヤに関しては一切の批評、批判、歴史学的・科学的な分析さえも制限される可能性がある。

そして米国政府は、このようなトンデモ法にもとづいて、“全世界を監視する”のだそうである。法律も法律だが、監視するとはいったい何様のつもりなのであろうか。いつもの事ながら彼らのやることなすこと、ほとほとあきれて果ててしまい言葉を失う。

事実の追求を続けて、彼らの言論統制と洗脳を打ち破っていかなくてはならない。



めっちゃ、言論統制してるやんwww

ユダヤ人の前では、言論の自由はゼロなの?

ユダヤ人って何なの?

イスラエルとは何か (平凡社新書)
ヤコヴ・M.ラブキン
平凡社
2012-06-17
¥ 950

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/1171-3d3e31b1

FC2Ad