ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君よ憤怒の河を渉れ

高倉健の映画「野生の証明」をYouTubeで見たら、他の作品も関連動画として出てきました。
野生の証明:逆襲のニート

「君よ憤怒の河を渉れ」という映画がありました。



君よ憤怒の河を渉れ - Wikipedia

『君よ憤怒の河を渉れ』(きみよふんぬのかわをわたれ)は1974年発行の西村寿行の小説、またそれを原作として大映・永田プロが製作し、1976年(昭和51年)2月11日に松竹系で封切り公開された日本映画。151分、カラー、シネスコ。映画では「きみよふんどのかわをわたれ」と読む。
2005年に徳間書店から再版された。



君よ憤怒の河を渉れ [DVD]

KADOKAWA / 角川書店
2015
¥ 3,024


君よ憤怒の河を渉れ (徳間文庫)
西村 寿行
徳間書店
2005-11
¥ 782


この「君よ憤怒の河を渉れ」という映画は、「野生の証明」よりも、ある程度ストーリー展開が、まともだと思いました。

話の出だし=高倉健が逮捕される辺りが、ちょっとおかしいですね?
=最初から、刑事が策略に気付けよ!って話しで。

中盤は、高倉健の逃走劇が、ちょっとメチャクチャだったぐらいで、展開はある程度読めるかんじ?

ラストの悪党退治が、メチャクチャでしたが、水戸黄門的な勧善懲悪型の物語としては、こんなものかな?

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/1262-fd92e705

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。