ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六曜=迷信を廃止しよう!

カレンダーに迷信の六曜が使われていて、廃棄処分になった、というニュースがありました。

六曜は不適切 カレンダー回収(2015年12月26日(土)掲載) - Yahoo!ニュース

大安・仏滅…記載は不適切、県がカレンダー回収

 大分県は25日、県や6市町村でつくる「国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会」が発行した来年のカレンダーに「大安」や「仏滅」などの「六曜(ろくよう)」を記載していたとして、回収を進めると発表した。(読売新聞)



よく考えたら、六曜なんて人間の都合であり、地球の回転運動には何の関係もないでしょう。
=迷信。
占いとか好きな人は、個人的な趣味でやる分には構わないけど、他人にまで押し付けるのは勘弁して欲しいですね?

何か悪いことが起こると、すぐ他人のせいにしたり、自分の欠点を見つめない人がいる。
占いを信じている奴って、どんだけバカなの?
占いやっている暇があったら、自分を改善する努力をやった方が、よっぽどましだという事に気づけないんですかね?(笑)

六曜 - Wikipedia

六曜(ろくよう・りくよう)は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜がある。
日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、一般のカレンダーや手帳にも記載されていることが多い。今日の日本においても影響力があり、「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されている。
六輝(ろっき)や宿曜(すくよう)ともいうが、これは七曜との混同を避けるために、明治以後に作られた名称である。



六曜は先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順で繰り返すが、旧暦の毎月1日の六曜は以下のように固定されている。閏月は前の月と同じになる。

1月・7月 先勝
2月・8月 友引
3月・9月 先負
4月・10月 仏滅
5月・11月 大安
6月・12月 赤口



結婚準備完ペキマニュアル-六輝(六曜)ってなに?-ゼクシィ

六輝(六曜)は、暦注の一つで、現在は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種をいう。
結婚式は大安がよい、葬式は友引を避けるなど、主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されている。

六輝(六曜)は足利時代に中国から伝わってきた占いがもとになっていて、当時は現在の曜日のようなものだったとか。それが江戸時代の終わり頃から今のように吉凶を表すものになり、結婚式に大安吉日が喜ばれるようになった。ただしその根拠は不明。



根拠なんてないから。
=ただの思い込みだから。

国立国会図書館 「日本の暦」―暦の中のことば 六曜

六曜(ろくよう)は14世紀ごろに中国から日本に伝えられましたが、広く行われるようになったのは幕末以降のことです。



江戸時代の日本人は、バカが多かったんだなー。
(もしかして、今でも?w)
大安・仏滅…記載は不適切、県がカレンダー回収 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

大安・仏滅…記載は不適切、県がカレンダー回収
読売新聞 12月26日(土)7時36分配信

 大分県は25日、県や6市町村でつくる「国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会」が発行した来年のカレンダーに「大安」や「仏滅」などの「六曜(ろくよう)」を記載していたとして、回収を進めると発表した。

 県は「六曜に科学的な根拠はなく、公的な刊行物に掲載するのは不適切。チェックが不十分だった」としている。

 県は人権教育に関する市町村向けなどの資料で、差別を助長する迷信や因習の一つに六曜を挙げている。県は使用を避けており、県民手帳では1995年から記載を取りやめていた。

 県によると、カレンダーは約60万円で2000部を発行。1870部を県東京事務所や6市町村など約30機関に配布していた。県は回収や廃棄を依頼しており、六曜の記載を外して再発行するかどうかは未定という。




「六曜は迷信」差別を助長? 大分でカレンダー配布中止 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

「六曜は迷信」差別を助長? 大分でカレンダー配布中止
朝日新聞デジタル 12月26日(土)9時25分配信

 大安、仏滅といった「六曜」を記載していたとして、大分県の佐伯市、杵築市、臼杵市農業者年金協議会(同市の農業者年金受給者で構成)、国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会(県や国東半島周辺の6市町村で構成)の4者は25日、それぞれ作製していた来年のカレンダーなどの配布を中止した。

 いずれも「六曜は科学的根拠のない迷信や慣習であり、ひいては差別を助長しかねないが、作製後に気づいた。公的な配布物としてふさわしくないと判断した」と説明している。

 県によると、毎年発行している県民手帳には1995年版から六曜を掲載していない。人権教育のために作製した資料には「同和問題の解決を阻む迷信・因習」に六曜を挙げている。

 佐伯市は同日から、市内の全約3万3600世帯を対象に「10年日記帳」を配布する予定だった。約2500万円をかけて5万冊を作製していた。




「大安、仏滅は迷信」六曜掲載カレンダー5万冊パー(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

「大安、仏滅は迷信」六曜掲載カレンダー5万冊パー
テレビ朝日系(ANN) 12月25日(金)17時44分配信

 大安、仏滅といった六曜を掲載したカレンダーの配布が中止されました。

 大分県佐伯市:「自治体の配布物として好ましくないと判断し、配布を見送ることにしました」

 大分県の佐伯市と杵築市は、六曜を記載した来年のカレンダーを作製しましたが、科学的に証明されていない迷信・因習であるとして、配布を中止しました。佐伯市は全世帯に配るため、約2500万円かけて5万冊を準備していました。今後、修正や作り直しを含めて検討するとしています。



2500万円の税金が無駄になったのかー。

もったいないね!

捨てるのも、もったいないから、今回だけは使った方がいいんじゃないのかな?
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/1273-681857eb

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。