ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

昔天皇、今アメリカ?

鳩山さんのニュースがありました。

結局、日本をコントロールしているのは、東大卒のエリート官僚グループなのかな?

鳩山元首相が語る沖縄米軍基地県外移設断念の「真実」 (アジアプレス・ネットワーク) - Yahoo!ニュース

アジアプレス・ネットワーク 3月29日(火)10時40分配信

元首相の鳩山友紀夫(由起夫から改名)さんの講演会「なぜ、いま東アジア共同体か」が2月24日、大阪市北区で開かれた。経済人や法曹人らでつくる「無葉会」と「国際経済学会」の共催。鳩山さんは、東アジアの国々が様々な分野で協力を進める共同体構想を説明するとともに、首相時代に体験した普天間「移設」問題をめぐるエピソードなども交え、日本の対米従属の実態を赤裸々に語った。(栗原佳子/新聞うずみ火)

◆今も所在の分からない「極秘文書」
2009年9月の総選挙で民主党は大勝。政権交代を実現し、代表の鳩山さんが首相に就任した。普天間「移設」問題では「最低でも県外」を打ち出したが、最終的に「辺野古」の日米合意に回帰。鳩山さんは責任をとるかたちで10年6月、退陣した。在任中は東アジア共同体構想を提唱、議員引退後の13年3月、「東アジア共同体研究所」を設立、構想の実現を模索している。

鳩山さんは「私がなぜ『辺野古』に舞い戻ってしまったか。『最低でも県外』が公約通り実現できなかったのか」と述べ、数枚の文書を示した。「普天間移設問題に関する米側からの説明」と表題があり10年4月19日付。右肩には「極秘」と押印がある。

鳩山さんのもとに外務省と防衛省の幹部が文書を携え説明に来たのは、鳩山政権が鹿児島県の徳之島への移設を検討していた時期。しかし、文書には『ヘリ部隊と演習場の距離は65カイリ(約120キロメートル)以内』という米軍の基準が示されていた。沖縄本島から徳之島まで約200キロ。「基準」をオーバーしてしまう。

「沖縄以外には訓練をする場所がないということを最後通牒のように突きつけられたのが、実はこれでした。『アメリカのマニュアルに書いてあるから「最低でも県外」は無理ですね』と」。結果的に、鳩山さんは県外「移設」を断念した。

その後、とんでもないことが明らかになる。米軍がマニュアルの存在を否定したのだ。しかも昨年、5年の「極秘」指定期間が解除されたため、外務省に問合わせると「文書そのものが確認できない。公文書ではない」という返事が帰ってきた。重ねて問い合わせても「調査中」。ではいったい誰が、「極秘の公文書」を作成したのか――。

アメリカという虎の威を借りた官僚たちが、作為的に自分たちの意に沿うような方向に政治をリードしてきているという一つの現象と捉えていただきたい。アメリカは必ずしもそうは言っていないのに、アメリカをバックに『アメリカはこう言っている』と説得し、『最低でも県外』を諦めさせた。すでにアメリカとの間で決めたことだから、アメリカの意に沿わない事はやるべきではないと」

鳩山さんは「特に政治の世界に入ってから痛烈に感じるが、日本という国はいまも独立していない。その原点が戦後、アメリカの軍隊が存在し続けているという事実だ」とし、昨年の安保法制の議論、TPP、中国が主導するAIIB(アジアインフラ投資銀行)などを例に挙げた。

「どちらがいいという以前に、アメリカが行くなといえば行かない。加わるなと言ったら加わらないというような政治的な決断しかできないような日本は、そのこと自体で、国益に合わないことがしばしば起きてしまっていると思う。昨年3月、クリミアに行き、メディアに叩かれましたが、私がクリミアに入った理由は、全て日本に流れてくるニュースはアメリカというフィルターを通してくるから。百聞は一見にしかずというが、見てみないとわからない。どちらが正しいのかということは、そう軽々に判断すべきではない」

アメリカに従属する一方で、中国や韓国に対しては「上から目線」。鳩山さんは「日本もアメリカも中国や韓国も対等という関係を作っていくことが重要。あまりにアメリカ寄りになっている日本の政治状況を、よりアジアにシフトさせるべき」だと強調した。



昔は、天皇が日本の支配者でした。

天皇機関説 - Wikipedia

天皇機関説(てんのうきかんせつ)とは、大日本帝国憲法下で確立された憲法学説で、統治権は法人たる国家にあり、天皇はその最高機関として統治権を行使すると説いたものである。
国家法人説に基づき、憲法学者・美濃部達吉らが主張した学説で、天皇主権説(穂積八束・上杉慎吉らが主張)などと対立する。



昔は、天皇のお墨付きをもらった軍部が戦争をやりました。

今は、アメリカのお墨付きをもらった官僚が外交政策や内政を立案しています。

厳密には「アメリカの権威」を利用した官僚が、アメリカをバックに付けているから、俺たちに逆らうな!という論法で、自分たちのやりたい放題なんですね?

見方を変えれば、アメリカをバックに付けているふりをすればOK?
(実際には、アメリカの後ろ盾がない場合でも、あるように言いふらす→でも、それって嘘じゃね?www)

英語ペラペラになって、アメリカ通を気取れば、影響力を持てるかな?www
→英語の勉強、頑張ろう。。。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/1290-3d905d61

FC2Ad