ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

サクラエディターの正規表現で2~3桁の数字を改行する方法

文章の編集で、数字の前後に改行を入れたい。
ちょっと試行錯誤してしまったので、今後のためにもメモ。

置換前: (\d{2,3})
置換後: \n\n\1\n\n

区切り線を入れるなら、
置換後: \n\n\1\n ---------- \n\n
こんなふうにしてもOK

(参考)
正規表現サンプル集

4桁までの数字(1~4桁の数字) \d{1,4}



利用可能な正規表現

置換で使える参照
「置換後」に指定して使います。
$n 番号指定参照
( )でグループ化した文字列を、$n(nは1以上の整数)で参照します。
サクラエディタでは$nの代わりに\nも使用できます。



\d{2,3} → 2桁~3桁の数字にマッチする。
マッチした部分をグループ化するために、()で囲む。

マッチした部分を置換後の文字列の中で使うためには、正規表現の「後方置換」という機能を使う。
後方参照は、マッチした部分の1番目、2番目、3番目、…という具合に、順番で指定して使う。
1番目は「$1」という記号で表現する。同様に、2番目は「$2」、3番目は「$3」、n番目は「$n」…と表記できる。

サクラエディタでは、「$」の代わりに「\」も使えるとのこと。
1番目は「\1」とも表記できる。n番目は「\n」と表記できる。

正規表現は、ちゃんとマスターしておきたいな!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/1369-c9b0e361

FC2Ad