ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データベースにまつわる怖い話

うおー!!!
これは恐ろしい!!!
お客さんのデータを全部消してしまったら、やっぱ焦るだろうな~\(^o^)/

ITPro データベースにまつわる怖い話

ソフトのバグにミスが追い討ち データベースが修復不能に


処理が終わったようなので念のためSELECT文をタイプしてみた。と,なんとデータベースがエラーを返してくるではないか。一瞬背中がひやっとする。やばい。そんなバカな。


顔面蒼白になって客先の技術担当者に連絡を取る。悪いことはできるだけ早く伝えなくてはならない。「実はこういう問題が発生しまして。ユーザーのIDだけは復元できるのですが,ユーザー情報は日本語コードを使っているので,ほぼ復元できないと思われます」。しばし沈黙が続く。相手の頭の中も,おそらく真っ白になっているに違いない。


2~3年に一度はこうした前代未聞のトラブルに巻き込まれることは避けられない。しかし,トラブルを避けて通りたいと考えるようになったら,そこで技術者生命はおしまいなのではないかと思う。



ミスやトラブルは避けられないもの。
失敗したら、いかに早く軌道修正するかが大事だな。
カール・ポパーがオープンソサエティ論で提示した「誤謬性」(人間は間違いをしでかすように出来ている)ということを認識しておくと。

データベース運用・管理「基礎+実践」マスターテキスト データベース運用・管理「基礎+実践」マスターテキスト
弓場 秀樹、武田 喜美子 他 (2003/02)
技術評論社
この商品の詳細を見る
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/296-6e201528

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。