ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクトマネジメントの基本

プロジェクトを完遂するために必要なものは、「必ず完成させるぞ!」という明確な意志を持つことですね。
決意を重ねて、やる気を強固にすればOK(・∀・)

プロジェクトマネジメント入門 第1回 手法の基本はだれでも理解できる

失敗したプロジェクトの場合,「最初から無理なプロジェクトを営業がとってきた」とか,「見積もりミスだ」とか,「到底不可能な納期設定だった」といった理由がよく挙げられる。プロジェクトの言い訳は常に可能である。

しかし,成功したプロジェクトの場合に聞かれるのは,「厳しかったけれど,どうにか乗り越えられたよ」とか,「一時はどうなるかと思ったが,みんなの協力で助かった。ありがとう」といった言葉である。

つまり,成功と失敗を大きく分けるものは,意志あるマネジメントの有無である。プロジェクトを成功に向けてマネジメントするのか,なすがままで成り行きに任せるのかの違いと言える。技術力も大切であるが,それだけでは難しいプロジェクトを成功させることはできない。プロジェクトの成功に向けて,明確な意志をもって,プロジェクトをマネジメントしていく。それこそが成功への道である。



プロジェクトマネジメントの基本を身に付けているのとそうでないとでは,仕事の完成度に格段の差が生じる。プロジェクトを成り行きに任せるのでなく,成功に向けてプロジェクトと積極的にかかわっていく。そのための能動的な道具・知恵としてプロジェクトマネジメントは活用すべきものである。

しょせんは道具であり,当然それを使う人間が重要になる。同じ道具であってもそれを使う人間によって出来上がるものは違ってくる。「プロジェクトを成功させたい」という強い成功への意志を持った人が,プロジェクトマネジメントを道具や知恵として利用することで,プロジェクトを成功に導けるのである。



世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント 世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント
サニー ベーカー、G.マイケル キャンベル 他 (2005/04)
総合法令出版
この商品の詳細を見る


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/313-859e3f9f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。