ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンソニー・ギデンズ

カール・マルクスなどの考え方を再検討している人がいるみたいだ。

アンソニー・ギデンズ - Wikipedia

アンソニー・ギデンズ(Anthony Giddens, 1938年1月18日 - )は、イギリスの社会学者。
ロンドン生まれ。

カール・マルクスやエミール・デュルケーム、マックス・ヴェーバーなどの業績の読み直しを通して、近代社会の制度的特性を分析。
「構造化理論」で有名。
1990年代以降は、「再帰的近代」というコンセプトを軸に、伝統社会やリスク、グローバリゼーションなどの分析を中心に行っている。

またイギリス・ブレア政権のブレーンとして、「第三の道」を提唱したことでも知られる。



社会学 社会学
アンソニー ギデンズ (2004/12)
而立書房
この商品の詳細を見る

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/352-ac53a749

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。