ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GROUP BY句の盲点

データベースでSQLを使うとき、GROUP BY句の使い方に気をつけないといかん!
つい最近まで、曖昧な理解しかしてなかった。orz

【初級】新人SEのためのSQLの基礎 第3回(後半) 集約関数,GROUP BY句,HAVING句の注意点

GROUP BY句と出力カラムはペアになる
GROUP BY句を利用した場合,SELECT*の後ろに記述するカラムは,
(1)集約関数
(2)GROUP BY句で指定したカラム
になる。
この点はミスしやすいので注意が必要である。

まず多いミスが,GROUP BY句で指定していないカラムをSELECTの後ろに記述する場合である。



まさにこのミスをやってもうた。
テンパってしまって、なんでエラーになるのかが分からず、焦った!

GROUP BY句とHAVING句は、一応練習しておかないとあかんな。

WHERE句の条件でレコードを絞り込む際にインデックスを利用できる。
インデックスが利用できる分,HAVING句を使わないSQL文の方が実行性能が高い。
HAVING句を使う場合は,WHERE句などで効率よく記述できないかを検討するようにしよう。



基礎からのMySQL [基礎からのシリーズ] (プログラマの種シリーズ)基礎からのMySQL [基礎からのシリーズ] (プログラマの種シリーズ)
(2007/12/26)
西沢 夢路

商品詳細を見る

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/366-a902de79

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。