ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コマンドプロンプトでHTTPヘッダを確認する方法

WEBサーバから受け取るホームページのデータの中で、普段は目にすることのないHTTPヘッダの部分を目視確認するには、どうしたらいいでしょうか?

HTTP入門 - メッセージ構文

応答メッセージは、次の構文から構成されます。

HTTP/1.1 200 OK    レスポンス行
Date: Sun, 11 Jan 2004 16:06:23 GMT     ヘッダ
Server: Apache/1.3.22 (Unix) (Red-Hat/Linux)
Last-Modified: Sun, 07 Dec 2003 12:34:18 GMT
ETag: "1dba6-131b-3fd31e4a"
Accept-Ranges: bytes
Content-Length: 4891
Keep-Alive: timeout=15, max=100
Connection: Keep-Alive
Content-Type: text/html
空行
<html>        メッセージボディ
:
</html>



通常、ブラウザ上ではメッセージボディーの部分が表示され、その部分を見ているが、ヘッダ部分は見ていない。

HTTPヘッダ部分を見る方法はいろいろあるが、Windowsのコマンドプロンプトで表示させる方法には以下のような方法があった。

CGIプログラミング1 Perl - HTTPについて

ブラウザを使用せずに、ホームページのデータを手動で取得する。
OSに付属のプログラム telnet を利用しサーバに接続後、HTTPコマンドを使用してサーバからの応答内容を確認する。

(補足)
ブラウザとサーバの間では、HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)という通信手順に従って、データがやり取りされている。
サーバから、Webのデータを取得するには、
 ・サーバのIPアドレス の指定
 ・HTTP用の通信ポート の指定
 ・GET コマンド と取得するデータのURL
が必要になる。

手順:

スタート → 全てのプログラム → アクセサリ → コマンドプロンプト

telnetコマンド、で大学のサーバの80番ポート(Webサービス用の番号)接続する。

telnet www.nagoya-bunri.ac.jp 80

GET / HTTP/1.0

(Enterを2回押すと大学のサーバのホームページのソースが表示される)

※GET以降のHTTP用通信コマンドの部分は画面にエコーバック(表示)されないので、
※手探りで慎重に入力すること。 間違えて入力したら、最初から入力しなおす。

(解説)
GETコマンドでは、1つめのパラメータ(上記例では/)でサーバから取得する
ファイル(情報)のURLを記述、2つめのパラメータは通信のタイプを示す。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/367-d7e7e40b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。