ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長音符号省略形

IT関係の本やサイトを見ていると、「サーバー」(server)を「サーバ」と書いている事例をよく目にする。
単語の末尾に付いている「ー」が取られているのだ。

なぜ「ー」を省略をするのか?と疑問に思ったが、そういう習慣があるのかもしれないと思い、あまり気にしていなかった。
改めてちょっと気になったので調べてみた。

長音符号省略形

外来語はカタカナで書き表すことになっているが、マニュアル業界ではその書き表し方に2つの規範がある。

1つは国語規範と言われるものだ。これは国語審議会の「外来語の表記について」の報告(1954年)、それと外来語表記について内閣告示・訓令(1991年)に基づくものだな。

もう1つはJIS用語と言われるものだ。これは、ある分野の学術界や工学界で使われる用語がバラバラでは具合が悪いので書き表し方を“標準化”した用語集だ。この用語集は「情報処理」や「プログラム言語」など専門分野ごとに細かく分かれている。

国語規範では原語(とくに英語)のつづりの終りの-er・-or・-arなどを「かながき」にする場合には、長音符号(ー)を用いるとされているの。でも「これを省く慣用のあるものは必ずしも付けなくてもよい」ともされているわ。91年内閣告示では、省く慣用の例としてエレベータ(elevator)、スリッパ(slipper)、コンピュータ(computer)が挙げられているの。

JIS用語はある分野で使う単語ごとに表記と定義を決めている対訳用語集なんだ。つまり、英語のつづり(スペル)をどう書き表すかという観点に立ったものではない。一般の人が読んで違和感を覚えるのは当然だな。

じゃ、「cover」は「カバ」って書くの?それじゃ動物の「カバ」になるじゃん。
例外的に2音節(2文字)以下になる語は長音符号を省略しないとされているの。



大ざっぱに言えば、
末尾に「ー」を付けて音を伸ばすのが、「国語規範」流、
末尾に「ー」を付けないのが「JIS用語」流と。

IT関係では、JIS用語を土台にしているんだろう。

JISハンドブック〈2003 64〉情報技術1JISハンドブック〈2003 64〉情報技術1
(2003/01)
不明

商品詳細を見る

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/375-e3314c64

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。