ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

phpで指定した文字が出現する数をカウントするには? = substr_count関数を使用

PHPで文字の出現回数を数える方法について調べたら、専用の関数が用意されていました。

phpで指定した文字が出現する数をカウントするには?

$text = "あいうえおかきくけこあいうえお";
この$textから「あい」という文字が何個あるかカウントし、結果として2と表示されるようにしたいのですが。

ベストアンサーに選ばれた回答
関数は、substr_count($text, 'あい')
echo substr_count($text, 'あい');
※実際に実験済みです。日本語でも問題ありません。



なるほど、substr_countという関数を使えば、特定の文字列の個数を数えられるのか。
これは便利だ!

PHPマニュアル / substr_count ― 副文字列の出現回数を数える

int substr_count ( string $haystack , string $needle [, int $offset [, int $length ]] )
substr_count() は、文字列 haystack の中での副文字列 needle の出現回数を返します。 needle は英大小文字を区別することに注意してください。
注意: この関数は重なり合う副文字列をカウントしません。



AmazonのBrowseNodeIdの階層の深さを数えるときに使ってみました。

<?php
$path = '/561958/562006/564526/580360/580370/';
$sp = '/';
$cnt = substr_count($path, $sp) - 1;
?>



うまくいきました!(^^)v
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/399-38d767ee

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。