ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLANEX 無線LANルータ MZK-W300NH

無線LANのルーターで、IEEE802.11nという新しい規格に対応した製品がリーズナブルになってきている。

IEEE 802.11 - Wikipedia

IEEE 802.11n
2.4GHz/5GHz の周波数帯域を用い、最大伝送速度 600Mbps、実効速度で100Mbps以上の実現に向け策定中の規格。
アップル社は「前世代の 802.11g ワイヤレスネットワークの5倍のデータ転送速度と2倍の通信範囲」と解説している。
技術的には「MIMO(Multiple Input Multiple Output)」を使用し(MIMOについては多元接続の項を参照)、複数のアンテナで送受信を行うこと(マルチストリーミング)や通信手順の見直し、複数のチャンネル(通信に用いられるバンド幅)を結合するチャンネルボンディング(チャンネル結合)などにより、高速化・安定化を実現する。



難しい用語が並んでますね~。
複数のアンテナを用意し、同時にたくさんの信号をやりとりすることで、高速な通信を実現させるのが、11nの特徴ということみたいです。
CPUもマルチコアになって、同時にたくさんの計算をするこで高速化を図っているのと似ているかな?
=同時にたくさんの処理をするのが高速化のポイント。

現在主流の11gの5倍を目指すと。
無線LANでも100Mbps以上になるなら、動画再生とかもスムーズに行われるようになるんじゃないだろうか?

電波障害に強いと言われている11aに比べて、11nの接続安定性は、どうなっているんだろうか?
IEEE802.11n Draft 2.0の安定性

11nでは送信と受信のアンテナ数が複数あるので、合成ダイバシティにより、壁などの回り込みにも強い構成です。
11nでは携帯電話のアンテナのような仕組みなので、ある程度建物の中に入っても電波が受信できるのと同じことです。



無線MIMO技術は乱反射した電波を有効利用する為のモノです。
なので、同じチャンネルに 2つ や 3つ の電波を重ねて送信します。
無線MIMO技術は3本アンテナで合成して受信するから、感度がアップする様ですね。
11gで届かない部屋にDraft11nの無線LANセットでは届きやすいかもね。
速度が良いエリアが広がる。



11nは、同時に複数の電波を飛ばしているから、どれが一つが途切れても、他のが届けばOK
=途切れにくいようになっているみたいですね。

11nはまだ未完成の規格ということで、現在ドラフト2.0という途中の形に対応した製品が販売されています。
それでも300Mbpsという通信速度を謳っているから、すごい速い!
11nに対応したこんな製品がありました。

PLANEX MZK-W300NH


1万円以下でもいろいろ選択肢があるみたいです。

PLANEX iPhone 3G対応 11n Draft2.0/g/b対応 高速300Mbps 無線LANルータ MZK-W300NHPLANEX iPhone 3G対応 11n Draft2.0/g/b対応 高速300Mbps 無線LANルータ MZK-W300NH
(2008/04/30)
プラネックス

商品詳細を見る

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/423-54b06701

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。