ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カザフスタンの天然資源

カザフスタンという国があることは知っていたが、名前を聞いたくらいだった。
どんな国か全然知らなかった。

カザフスタンに関するニュースを見て、興味を持った。
ロシアの”裏庭”で中国が資源獲得に動いている。 - 産経新聞

【巨竜むさぼる 中国式「資源」獲得術】第5部
ソ連の遺産(1) “万里”のパイプライン

 白亜のビルの高層には、東洋の宮殿を模した建造物が乗っていた。カザフスタンの首都アスタナ。黒川紀章氏が基本設計を手がけた市街地の中心部に、「北京パレスホテル」はあった。

 ナザルバエフ大統領(70)の号令で1997年に遷都してできた街中には、流線形や球形のガラス張りの建築物がひしめく。一風変わったホテルの構造も、さして違和感はない。

 最低でも1泊6万4千テンゲ(約3万8千円)の5つ星ホテルを経営するのは、中国石油天然ガス集団(CNPC)の関連企業だ。ホテルのパンフレットには「中国とカザフスタンの石油をめぐる協力関係の象徴」とあった。

 「石油や天然ガスを買い集めているのは日本も同じでしょう。仲良くしましょうよ」。赤じゅうたんのフロアで客室部長の中国人男性が笑顔を振りまいた。

 中国とカザフスタンのエネルギー協力は昨年、新たな段階に入った。巨大油田を有するカザフスタンのカスピ海周辺と、新疆ウイグル自治区を結ぶ石油パイプラインが全面開通、カザフスタンが今年生産する8千万トンの3割以上は中国に流れ込む。万里の長城にも匹敵する全長2千キロ以上のパイプライン建設には中国人も動員、急ピッチで完成させたといわれる。

 石油だけではない。中国は昨年、カザフスタンが世界第2位の埋蔵量を誇る、原子力発電の燃料・天然ウランの争奪戦に名乗りを上げたのだ。



カザフスタンは天然資源が豊富な国で、元々はソ連邦を構成する国だった。
ソ連が解体してから、カザフスタンは中国を相手に天然資源を売るようになった。

●カザフスタンのデータ
外務省: カザフスタン共和国

カザフスタン - Wikipedia

カザフスタン共和国、通称カザフスタンは、中央アジアの国家。
首都はアスタナ、最大都市はアルマトイ。
ロシア連邦、中華人民共和国、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタンと国境を接し、カスピ海、アラル海に面している。



カザフスタン共和国国旗


●自転車レース
世界最大のレース「ツール・ド・フランス」の2010年大会で総合優勝したアルベルト・コンタドール選手は、チーム・アスタナに所属している。
カザフスタンの企業が、チーム・アスタナのスポンサーになっている。

ツールドフランス2010年総合優勝コンタドール選手


ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (完全ノーカット版) [DVD]ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (完全ノーカット版) [DVD]
(2010/06/25)
サシャ・バロン・コーエンケン・デヴィティアン

商品詳細を見る

カザフスタンの女性は、美人が多いのだろうか?

七里ヶ浜だより Letters from South Shore : カザフスタンから。
カザフスタン共和国の女性

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/530-d1447946

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。