ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイナ・リスク

最近は、中国のニュースをよく目にする。
尖閣諸島の漁船逮捕事件だ。
なんで、中国は強硬な手段を取るのだろうか?

中国に喰い潰される日本 チャイナリスクの現場から中国に喰い潰される日本 チャイナリスクの現場から
青木 直人

PHP研究所 2007-01-27
売り上げランキング : 8493
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


●中国の弱点は「民主化」
天安門事件以来、中国共産党による一党独裁体制に従わない中国人は弾圧されるようになった。
しかし、今でも中国各地でデモが発生している。
中国共産党に対する国内の反発がなくならないということは、中国共産党の統治方法には欠陥があり、国民の不満が解消されていないということを意味している。

●チャイナ・リスク
チャイナリスク - Wikipedia

チャイナリスクとは、カントリーリスクの一種であり、特に中国国内で外国企業が経済活動を行う際のリスク(不確実性)、特にダウンサイドリスクだけを取り出したもの。



中国人だけどしつもんある? 働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww

日本人は今の中国をみてる。
中国人は昔の日本人を見ている。



中国のインターネットは、政府の検閲によって情報統制されている。
中国人も自由のない国に生まれて、結構苦労しているんじゃないだろうか?
中国人に本当に必要なものは、情報の自由化が必要だろう。

背景

改革開放後、漸次的に共産主義の経済制度を資本主義化・市場化していく過程で、多くの企業が中国へ進出した。

しかし、共産主義のもとで形成されていた経済制度や既得権益と、資本主義の下で活動していた企業の利益は各所で衝突。中国での経営では文化の差を越えて独特の経営慣行が求められることとなった。

日本や欧米を始めとする先進国では、普通選挙に基づく民主主義が政治体制として採用され、法の支配の下で基本的人権が保障されている。しかし、中国では、中国共産党が事実上の一党独裁によって権力を掌握しており、市民の力によって中国の民主化を目指した1989年の六四天安門事件も、治安部隊により弾圧されている。改革開放後もその政治制度に大きな変化はなくなっている。

現在まで、中国に次々と進出する日本企業は、チャイナリスクを考慮した行動や対策を行ってこなかった。これは、政治的・歴史的な緊張関係にとらわれず、未来志向の経済協力による日中融和を目指すという、日本企業の利益優先主義によるものであった。

しかし、その日本企業が当てにしていた中国において、在留日本人が暴力事件に巻き込まれる事件が多発し、日本企業が地下鉄工事や道路建設において競争入札の門前払いを喰らうなど、日本人に対する差別が原因と思われる事態が次々と発生。2005年に中国全土へ広がった反日デモは、その中でも特に顕著な例であり、日本の総領事館にまで投石などが相次ぎ、取締りを行うべき治安部隊がその行為を黙認、中国政府は「日本側の態度が暴動の原因として」謝罪や賠償責任まで否定するという状況に至った。(後に報道機関により日本領事館の惨状が公開されると、中国側は一部の修復を負担している)。現在ではチャイナリスクと並んで「チャイナ・ハラスメント」という言葉さえ作られている状況にある。



チャイナプラスワン

チャイナ・プラス・ワン(China plus one)、中国プラス1とも呼ばれる。チャイナリスクを回避するためのリスクマネジメントの手法の一つで、中国に投資をしつつもあえて集中させず、平行して他の国においても一定規模の投資を行い、リスクの分散化を図る企業動向のことを言う。

他国の候補地としては、インドやベトナムなど他のアジア諸国が多い。中国の製造業への投資が近年鈍化傾向となった要因の一つとして指摘されている。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/604-7e3a6037

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。