ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16歳の少女が75歳の老人と結婚させられそうになったため、漂白剤を飲んで自殺未遂

人間の生活様式、エートスは多様である。

エートス - Wikipedia

社会学におけるエートス論
エートスを、社会認識の基軸として捉え返したのがドイツの社会学者マックス・ウェーバーである。
ウェーバーによれば、エートスは、以下の3つの性向を併せ持つ。

* 生活態度: 古代ギリシア語のエートスが、「習慣」を意味しているように、エートスは、それにふさわしい行為を営む中で体得される〈習慣によって形作られた〉行為性向である。社会化によって人々に共有されるようになった行為パターンないし生活形式ともいえよう。

* 心的態度: しかしある行為がいくら機械的に反復されてもエートスは作り出されない。その行為性向は意識的に選択される必要があるからだ。この〈主体的選択に基づく〉行為性向がエートスである。

* 倫理的態度:そして、この行為を選択する基準が〈正しさ〉である。〈正しい〉行為とは、内在性の基準(行為に固有の価値)が選択され、(目的達成の手段ではなく)行為それ自体が目的として行なわれるような行為のことである。外的な賞罰なしには存続しえない行為性向はエートスではない。したがって、エートスの究極的な支えは個人の内面にある。

こうした行為性向の中で、習慣の契機が強調されると、エートスは、文化人類学における「文化パターン」概念に生まれ変わり、選択性あるいは主観性の契機が強調されると、エートスは倫理学における倫理・道徳概念へと転化することになる。
これに対して、ウェーバー社会学は、倫理的態度を生活態度の特定の方法的・合理的な在り方と捉えることで、以上の性向を総合的に認識しようとするものである。



イスラム教圏における行動規範は、日本人の観念からすると違和感を感じる場合がある。
イスラム教は、男尊女卑の傾向が強いのだろうか?

16歳の少女が75歳の老人と結婚させられそうになったため、漂白剤を飲んで自殺未遂 - GIGAZINE

サウジアラビアで16歳の少女が75歳の男性と強制的に結婚させられそうになったため、漂白剤を飲んで自殺しようとしたそうです。一般的にはお互いの同意の下で結婚を行うものですが、なぜ彼女は無理やり結婚させられる事になったのか、またサウジアラビアの法律(イスラム法)では強制結婚が認められているのか気になるところです。

彼女の父親が75歳の男性に交換取引で娘と結婚できるよう約束し、彼女は強制的に75歳の男性と結婚させされそうになったようです。

イスラム法ではお互い同意の下でないと結婚できないとされ、強制的な婚約に関しては無効にすることができるとされているため、今回の婚約は無効になる可能性が高いとされているようです。



Saudi girl drinks bleach to escape marriage
Shaikhaさん

大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 (講談社プラスアルファ新書)大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」 (講談社プラスアルファ新書)
池上 彰

講談社 2002-04-18
売り上げランキング : 1638
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/639-0bb717cf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。