ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

サルトル - アンガジュマン

http://www.asahi-net.or.jp/~pb6m-ogr/ans044.htm

サルトルは、一人の人間の行為は、すべてわずかずつではあるが、社会全体に影響を与えるため、一人ひとりの責任は大きいとも言っています。一人の行為が社会全体に影響を与えることを、サルトルは「アンガジュマン」(直訳すると約束、契約という意味になり、英語のengagement とほぼ重なりますが、実存主義では社会参加という意味も含んでいます)と呼び、アンガジェするという動詞表現もこの本では使われています。



実存主義とは何か 実存主義とは何か
伊吹 武彦、J‐P・サルトル 他 (1996/02)
人文書院
この商品の詳細を見る
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/64-31dddf62

FC2Ad