ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評価の基準 - 「相対差」と「絶対差」

何かを評価する際に、注意すべき点は、基準をどこに置くか?だ。
「相対」と「絶対」の違いに着目した、評価の基準が提唱されていた。

「相対差」と「絶対差」 - 株式会社フォスターワン

●「相対差」と「絶対差」

相対差」とは、いつも比べる世界です
比べているうちは、本当の心の安らぎは得られません

いつ追い越されるかしれない、いつ失うかしれない
という不安と恐怖がつきまといます

反対に、「絶対差
結果に表れた数字はたとえ小さくても
質では比べるものがないという世界です

ここしばらくの日本の象徴が、この「相対差」だと思います

ずっと追いかけられるような
一体、これはどこまで続くのかと思うような毎日

どこか満足が仕切れない感じです
しかし、絶対差の世界はそうではない

ゴルフ界のスーパースター、ジャックニクラウスはこう言いました
私の誇りは昨日の自分を超えてきたことだ

ゴルフのメジャー最多勝利をした二クラウスは
勝利の数ではなく、自分との戦いに誇りを持つ

絶対差からこの話を思い出しました


●秋になって実のなるような果樹で
春、美しい花の咲く樹はない

人間の人生でも、40歳をすぎた秋の時期に
ひとかどの人間となり実を結ぶ人は
けっして若いとき(春の時期)に華やかだったわけではない

他人が華やかなりし頃、秋に実を結ぶために
じっと力をつけていることもある

目立つばかりでなくてもよいと



他人との比較ではなくて、過去の自分と現在の自分を比較して、進歩していることが大切なんだな。

IT so easy !!  もっと簡単なITへ : 「絶対差」を持つイチロー選手

「相対差」と「絶対差」という言葉がある。

事業で一発当てて金持ちになり有頂天になったり、
流行りのものを身につけ気取ってみたりするのは「相対差」で
常に人と比較することで成り立ち、いつかは人に抜かれたり、自らが凋落する恐怖から逃れられない。

一方、絶対差は
毎日10時には書斎に入り執筆を欠かさず続ける。
1日1冊の本を読み10年持続しているなど、小さなことをコツコツと積み上げる。



8年連続で200本安打することもそうだ。

ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道』byイチロー



・コツコツと努力をして、小さな実績を積み重ねていくこと。
・土台なくして、大きな飛躍はありえない。(ないものねだり)

他人の成果と、自分の成果を比べる前にやるべきことがある。
過去の自分と、現在の自分を比べて、どこが変わったか?=実績、進歩を検討する、という評価基準を持たなければいけない。

小さな会社こそがNO.1になる ランチェスター経営戦略 (アスカビジネス)
坂上 仁志
明日香出版社
2009-08-12
★★★★★

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/703-4ab7e4a3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。