ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<風評被害>福島から避難の子供、保育園入園拒否される 人権救済申し立て/山梨

日本人って、こんなにバカだったんだ!と驚くニュースがありました。

<風評被害>福島から避難の子供、保育園入園拒否される 人権救済申し立て/山梨

毎日新聞 3月3日(土)8時55分配信

 福島県からの避難者が東京電力福島第1原発事故による風評被害を受けたとして、甲府地方法務局に救済を申し立てていたことが分かった。福島から避難してきたことを理由に、人権を侵害されていた。同法務局が2日発表した。

 同法務局によると、申し立てた避難者は、自分の子供が住宅近くの公園で遊ぶのを自粛するように、近隣住民から言われた。更に、保育園に子供の入園を希望したところ、原発に対する不安の声が他の保護者から出た場合に保育園として対応できないことなどを理由に、入園を拒否されたという。

 同法務局は、避難者が相手への接触・調査を希望せず、地域への啓発を強く希望したことから、風評に基づく偏見や差別をしないよう呼びかけるポスターを掲示。また、自治体広報紙への広告掲載や自治会でリーフレットの回覧を依頼するなどの啓発も実施した。【水脇友輔】



子供の頃にやってたバイキンごっこと同じだよね。

けがれ、浄・不浄、バイキンごっこ

これを読んで、ぼくは小学校時代の「バイキンごっこ」を思い出した。
「バイキンごっこ」とは、いじめっ子グループがターゲットのいじめられっ子をいじめるためにやっていたゲームのこと。
いじめられっ子の体に触れると、体に「○○菌(いじめられっ子の名前をあてがう)」が感染する。急いで誰かを追いかけて○○菌をなすりつける、というのがルールで、子供らの間では一種の鬼ごっこのようなものだった。
今考えれば、本当に残酷でひどいことをやっていた、と反省するのだが、当時はそれが当然のように思っていたし、純粋に、バイキンが汚い、とも思っていた。掃除の時間にいじめられっ子の机を運ぶのが、遊び心ではなく本心からイヤだった。雑巾を手袋のように使ったりしていた。
これも一種、けがれや浄・不浄に対する感覚だろうか。



実際には、ばい菌など付いていないのに、本気でばい菌が付いているかのような恐怖を醸し出す。
=真実が見えない無知。

福島県から来た人は、放射性物質を身にまとっているとでもいうのだろうか?
もし、体に放射性物質が付着しているなら、測定器で計測すれば分かるし、そもそも除染するだろう。

事実ではなく、妄想を根拠にして行動している山梨県の人。
子供かよ!?っていうか、マジキチだろwww

俺なら、福島県から来た人が泊まる所がなくて困っていたら、家に泊めてもいい。
バカすぎる日本人がいることに対して、とても情けなく思う。

もうちょっと成長して欲しいね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/780-dc1cf37b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。