ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高学歴=ガリ勉=利己的?

学歴が高ければ、頭が良いって訳じゃない。
まさに、その見本のような人がいた。
何だろう…勉強がよくできるガリ勉では、本当に賢いとは言えないんだよね?

<原発防災強化>「寝た子を起こすな」保安院

毎日新聞 3月16日(金)19時44分配信

 原発事故の防災対策強化に経済産業省原子力安全・保安院が06年に反対した問題で、当時の広瀬研吉保安院長(現内閣府参与)が強化に着手した内閣府原子力安全委員会の委員に対し、「寝た子を起こすな」と反対していたことが16日、安全委への取材で分かった。保安院の組織的な関与が明らかになった。

 保安院は06年5月24日、原子力政策について意見交換する定例の昼食会を安全委員長室で開催。保安院側は広瀬氏や前院長の寺坂信昭次長(当時)ら、安全委側は安全委員5人らが出席した。

 出席した久住静代委員によると、広瀬氏は、安全委が06年3月に放射性物質が大量放出される重大事故に対応するため、国の原子力防災指針の見直しに着手したことについて、「臨界事故(茨城県東海村、99年)を受けてせっかく防災体制がまとまった。なぜ寝た子を起こすんだ」と厳しい口調で批判したという。

 これに、安全委側は、原発から半径3~5キロにPAZ(予防防護措置区域)を設定するなど、02年に国際原子力機関が定めた新たな国際基準の導入意向は変わらないと伝えた。保安院はその後、安全委事務局に対し、文書や電子メールで導入凍結を再三要求。結果的に導入は見送られた。

 枝野幸男経産相は16日の閣議後記者会見で「間違いなく一種の安全神話に乗った姿勢だった。反省すべきだ」と述べ、経緯を検証する意向を示した。

【比嘉洋、西川拓】



・自分のことしか考えてない。
・他人の迷惑を考えてない。
・失敗が大きすぎて、責任の取りようがない。=回復できない。

あーあ、他人任せじゃ日本は酷くなるばかりだね?
自分で何とかしなきゃ、ダメだこりゃ!

●井の中の蛙、大海を知らず

日本って国民には何の権利も自由も与えられてない独裁国家なんだけど、国民はそれさえ知らないで、欧米並みの民主主義国家だと思って暮らしてるんだよね。

子供の頃から、国家の思想に従わないと酷い目にあわせられると教え込まれます。
自分で金稼いで生きて行ける実力の無いダメ人間は従うしか無いですよね。
国家の思想に反する意見は極論として却下されます。
国民も自分の信じたく無い事は「極論」と言えば否定する理由になると思い込んじゃってるしね。
共産国の国民は痴呆化手術が行なわれているわけです。

今までは、このように騙された痴呆国民も、過酷な強制労働と搾取によって不幸な奴隷生活を強いられるだけで、一応生きては行けたわけですが、
ついに騙された国民は国に被爆させられて殺されてしまう状況となってしまいました。

だから国の洗脳にアホみたいに騙されてるのに気付かない限り、もう生きては行けないわけです。
それでもおまえら、国に逆らう勇気は無いんだよね。
国の洗脳に騙されてる事も認めたく無いみたいだし。
もう意地になっちゃって、かたくなに「日本は良い国、国民はまあそこそこ幸せ」とか自分に言い聞かせて生きて行く事に決めたみたいですね。
まあ、いっぱい国はあるからね、失敗しちゃった国も在るって事なんでしょう。



福島原発の対応を見ても分かるように、国民の利益のために、十分な対応がなされていた訳じゃない。
日本人は、為政者の都合が良いようにあしらわれている。
選挙権があるのに、日本が良くならないってことは、結局日本人一人一人がバカだから。

あー、俺もその一人だわ(笑)
全然シャレになっとらん><

放射能浴びる事より今の職失う事のが怖いって凄いね

全然理解できません

でもどうせもう、原発事故によって日本の経済は大きく変わっちゃったんだから、
今後の状態でも儲かるような業種に職を変えないと生きて行けないんじゃないの?



・英語ができない
・手に職をつけていない

住む場所を選ぶことができないから、日本に残っている。
しかたなく日本で暮らしているけど、能力があれば、外国で暮らすこともできるだろう。

幸いIT技術に精通していれば、外国でも仕事がある。
英語を勉強すれば、世界中どこでも、好きな場所を選んで生活できるだろう。

米国、クラウドコンピューティング分野の求人が急増

japan.internet.com 3月17日(土)7時1分配信

米国 Wanted Analytics が2012年3月13日に公表した調査によれば、米国でのクラウド分野のオンライン求人広告数が2012年2月に5,100件を超えていたことがわかった。前年同期比で92%、前々年同期比では実に400%の増加を示している。

クラウド分野で最も求められているのは、ソフトウェア技術者、システムエンジニア、ネットワークシステム管理者の3つの職種だった。これらの職種は、他の分野でも過去1年間で求人数が倍増している。

Wanted Analytics によれば、これらの職種では人材の確保が困難なことが、給与の高騰を招いているという。特にシリコンバレー近郊では人材の奪い合いとなっており、サンフランシスコ、オークランド、フリーモント地域では平均11万~12万4,800ドルまで給与が高騰しているという。

同社は、人材確保が困難な企業に対し、米国の他地域での求人活動を勧めている。例えば、アリゾナ州のトゥーソンや、ウィスコンシン州マジソンなどでは、クラウド分野の求人数は少なく、スキルを持った求職者は多い。このため、他の地域よりも候補者を見つけるのが容易だとしている。



それでも日本がいいなら、日本に住めばいいだけのこと。
セカンドハウスは、近場のアジアのどこかの国にするか?
タイとかいいかな?
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/788-735d3581

-

管理人の承認後に表示されます

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。