ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

路上で涙・上着なし…幼い兄妹のSOS届かず

あちゃー、かわいそうだねー><

本当、自分は無力だなーと実感します。

どうにかならなかったもんだろうか?

路上で涙・上着なし…幼い兄妹のSOS届かず

東京都江戸川区の民家で6日、小学生2人を含む家族4人が無理心中を図り、死亡した事件。

 子どもたちや親族、近隣の住民は何度も“SOS”を発していたが、行政側は幼い命を守ることができなかった。

 専門家は「行政がもっと踏み込んだ対応をしていれば、事件を防げたはず」と指摘している。

 親族によると、亡くなった小学4年の野本晃輝君(9)と小学2年の妹鈴菜ちゃん(7)が、母親の小百合さん(28)らとともに江戸川区で暮らし始めたのは昨年9月。父親(34)の不動産会社への転職に伴い、福岡県から引っ越してきたという。

 区などによると、晃輝君は社会科見学などの学校行事に興味を示し、鈴菜ちゃんは縄跳びが得意だった。すぐに学校になじんだが、小百合さんの精神状態が不安定になり、子どもたちも次第に休みが目立つようになったという。昨年12月には、寒い中、上着も羽織らずに、路上で泣く晃輝君の姿を住民が見掛けていた。

 今年1月には、父親が仕事上のミスを苦に自殺。近所の女性が先月、2人だけで手をつないで犬の散歩をしているのを心配に思い、「お母さんは?」と尋ねると、「お母さんは具合が悪いので2人でお散歩しているの」とさみしそうに話していたという。

 1か月後、同居していた小百合さんの兄斉藤章さん(29)を含む4人は練炭入りの七輪を自宅室内に置いて心中を図り、幼い2人も犠牲になった。女性は「子どもたちは母親の話になると暗い表情を浮かべ、やつれているように見えた。あの時、何かできたんじゃないかと考えてしまう」と悔やんだ。

 子どもたちの様子に不安を感じた近隣住民は昨年12月下旬、区子ども家庭支援センターに「子どもたちが心配」と連絡。父親の自殺後、2人の世話をしていた千葉県に住む父方の祖父(64)も同センターに相談していた。祖父は「母親は『つらい』『死にたい』と漏らすし、育児ができる状態ではなかった」と話す。

 両親が育児をできない場合、児童相談所は児童虐待防止法に基づき、自宅への強制立ち入りや子どもを一時保護することができる。しかし、今回は、センター職員が2~3月に3回、自宅を訪問しただけで、児童相談所には通報していなかった。その理由について、センターは「母親に会えず、子どもへの虐待や育児放棄(ネグレクト)を確認できなかった」と説明した。

 事件3日前には、小百合さん宅で練炭によるボヤ騒ぎがあり、近所の住民が消火に当たったが、相談に乗っていた区側に情報が伝わることもなかった。

 児童虐待問題に詳しい関西学院大の才村純教授は、「区は児童相談所と連携するなど、もう一歩踏み込んだ対応をすべきだった。行政側は、再発防止のために問題点を十分に検証する必要がある」と話している。(神園真由美、森田啓文)

(2012年4月12日07時10分 読売新聞)

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/799-60c995f6

FC2Ad