ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

RoHS(ローズ)とは?

電子部品で、「RoHS」(ローズ)という用語がある。

意味は「危険物質に関する制限」で、
有害物質を含んでいない、安全基準に合格した製品
ということみたい。

RoHS - Wikipedia

RoHS(ローズ、ロハス、ロース)は、電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令である。2003年2月にWEEE指令と共に公布、2006年7月に施行された。

原文は、"DIRECTIVE 2002/95/EC OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 27 January 2003 on the restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment"であり、Restriction of Hazardous Substances(危険物質に関する制限)の頭文字からRoHSと呼ばれる。

日本語に訳すと、"電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する欧州議会及び理事会指令"(PDF)となるが、一般には、RoHS指令と呼ばれることが多い。日本では「ローズ」、「ローハス」、「ロハス」、「ロース」とも読まれる。

これに関連して2006年12月13日、新たにEUにて2万種以上の化学物質の安全性の評価を義務付ける新化学品規制(通称REACH)が可決され、2007年6月1日から施行された。



RoHSとは 「RoHS指令, 有害物質規制」 ローズ: - IT用語辞典バイナリ

フルスペル:Restriction on Hazardous Substances
読み方:ローズ
別名:RoHS指令,有害物質規制,電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限指令

RoHSとは、電気・電子機器に含まれる危険物質を規定し、物質の使用を禁止する旨の指令のことである。電気・電子製品の生産から処分までのすべての段階で、環境や人の健康に及ぼす危険を最小化することが、RoHSの主な目的である。RoHSは2003年1月にEU(ヨーロッパ連合)加盟国15ヵ国で採決された指針であり、2006年7月以降に同圏内で発売される製品については特定物質の使用が全面的に禁止されることになっている。

RoHSによって指定された禁止物質は6種類で、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニール(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)となっている。これらの原料物質はおおむね電子機器によく用いられてきた。特に鉛などは、その安定性や加工の柔軟性といった特性から、プリント基板や電子部品類を接続する材料(鉛はんだ)として多く採用されてきた。ところが、酸性雨などの影響もあって鉛を含んだ製品の廃棄物から鉛が溶出する可能性がある、という指摘がされ始め、そしてRoHSの採択によって全面的に使用が禁止されるに至った。



RoHSで禁止されている物質は6種類。

・鉛
・水銀
・カドミウム
・六価クロム
・ポリ臭化ビフェニール(PBB)
・ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)

RoHS指令
(via.小原歯車工業(株):歯車製造メーカーとしての環境への取り組み

RoHSのロゴマーク
RoHSロゴマーク
(via.RoHS - Restrictions of Hazardous SubstancesNajnowsze wiadomości

・環境問題を示唆する色として、樹木の緑色を基調色にしている。
・RoHSの緑色のマークやシールが貼られていたら、RoHS対応の製品。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/824-f2c9cf61

FC2Ad