ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

チンポ&金玉を食うイベント!?

いやー、人にはそれぞれ事情ってもんがあるけど、
悩みの解決手段が間違っているんじゃないか!?
と思う事例がありました。

人体の一部食べるイベント、保健所が聴取 - Yahoo!ニュース

日本テレビ系(NNN) 6月2日(土)1時39分配信

 先月、東京・杉並区のライブハウスで、参加者が人体の一部を食べるイベントが開かれ、保健所がライブハウスから事情を聴いていたことがわかった。

 警視庁や杉並区役所などによると、イベントは先月13日、杉並区のライブハウスで行われた。ライブハウスの担当者はこのイベントについて、約70人の観客の前で、5組の客がイベントの主催者の男性が提供して調理された性器を食べるというものだったと説明している。

 イベント終了後の先月18日、杉並保健所は事実関係を調べるため、ライブハウスから事情を聴いた。杉並区は「人体の一部を公開の場で食べる催しが行われたことは許されるものではない」とコメントしていて、警視庁も事実関係を調べている。

 ライブハウスの担当者は「驚いて困惑している。今後、気をつけていきたい」と話している。



(2chまとめ)
「性器を食す世紀のイベント」主催のエイチシーさん、事情聴取! 2ちゃんねるコメントNEWS/ウェブリブログ

【社会】都内ライブハウスで「人体の一部を食べる」イベント 部位は生存男性の性器 保健所「食品衛生法に抵触する可能性」と調査★2 - hogehoge速報

(レポートのアーカイブ)
(cache) 東京別視点ガイド : 食べログには絶対載せられないグルメレポ!人間の男性器を「性器喫食会」で食べてきました。

-性が不要だからって、切り取らなくてもいいんじゃない?

私は絵描きとしてまだ未熟なので、想像力で、性からの影響を完璧に取り除くことが出来ません。だから、実際に切り取ってしまうしかないんです。



…いや、そこは想像力で取り除くべきだろ?JK
仏教の禅とか、そういうことじゃないの?
=修行が足りんのだよ!!!

●怠惰さの結果
日本人は、インスタントに慣れすぎているんだよね。
ラーメンやコーヒーのような、薄っぺらな人生。

時間がかかるものは、面倒くさくて、じっと待つ、我慢する、耐えるってことができない。
それは分かる。
けど、全部が全部インスタントで良いってわけにもいかんだろ?

・性別を乗り越えたいから、体をいじって、外的に変更を加える=短時間で実現できる?
・座禅によって、性欲や我執を克服し、性別を乗り越える=時間がかかる?

俺の周りに性同一性障害の人がいたら、安易な肉体改造はオススメしないね。
イージーモードじゃなくて、ハードモードを選んで欲しい。
本当に性欲がなくなれば、チンポの有無は関係ないだろ?

大迦葉 - Wikipedia

大迦葉(だいかしょう、Mahā-ka-śyapa)は、仏教第2祖、釈迦十大弟子の一人。
仏陀の死後、初めての結集の座長を務める。
頭陀第一といわれ、衣食住にとらわれず、清貧の修行を行った。



八歳でバラモンに入門し修行してすべてを得たが、さらに出家して求道したいと考えていた。二十歳の頃に家系が途絶えるのを恐れた両親は、彼に結婚をすすめたが、清浄な生活を送りたいと一度断るも断りきれず、彼は工巧に金の美しい女人像を造らせて、これと同じならばその人と結婚しようと条件を出した。困った両親は八人のバラモンに探すように頼んだ。

彼らがマッダ国のサーガラ川岸の沐浴場で像を載せた台車を置いて休んでいた所、跋陀羅迦毘羅耶(バッダー、バドラー・カピラーニ、漢訳で妙賢)の乳母が、その像を見て彼女と見間違えたことから縁談がまとまった。しかし彼女はまだ十六歳で、彼女自身も出家したいと考えていたので、迦葉も彼女も使者に手紙を遣わして結婚を断るように要請したが、お互いの使者が道で出会い、後々の事を考え破り捨てた。

迦葉は浮浪者に身をやつして彼女の家に行き、互いに同じ出家の意志がある事を確認すると、それを承知の上で結婚した。彼らは床も離れて寝たので12年間、子供もなく過ごしたが、迦葉の両親が亡くなったある日、畑仕事を見ていて土中から出てきた虫が鳥に食べられる光景を目撃し、世の無常を感じた。彼女も同じく胡麻を乾燥していると多くの虫がおり、このまま油を絞ると殺生すると思い、共に出家を決意した。 多くの人が引き止める中、剃髪して粗衣に着替え鉢を持って出家したが、ある分かれ道でこのままでは私情に流されるとして、迦葉は右へ、彼女は左へと分かれたという。



バドラー・カピラーニ - Wikipedia

バドラー・カピラーニ(サンスクリット語:Bhadraa-Kapilaanii バッダー・カピラーニ、音写:跋陀羅迦毘羅耶、漢訳:妙賢、賢色黄女など)は、釈迦仏の女性の弟子である。大迦葉の元妻であった。



彼女は一人で無衣外道(ジャイナ教の空衣派)のもとで修行しようとするが、彼女の生来の美しさゆえ、それら外道の輩の欲心を刺激し、数多の凌辱を受けたという。

後のある時、彼女はマガダ国の王舎城で、今は仏弟子となって大迦葉と呼ばれる嘗てのピッパリに出会った。大迦葉の問いに対し、彼女はその苦境を話すと、彼はバドラーを竹林精舎に連れ帰り、仏の許しを得て、マハー・プラジャパティー(摩訶波闍波提)比丘尼より具足戒を受けせしめた(南伝仏教では、仏教教団に比丘尼集団ができた時、天眼通を得ていた大迦葉が外道のもとで修行している彼女を見つけ出し、ある比丘に頼んで迎えに行ってもらって仏弟子にさせたという)。

出家した彼女は、托鉢で街に出ると、「なぜこんなに美しい人が出家したのか?」と皆から言われ、恥ずかしくなって托鉢しなくなった。見かねた大迦葉は仏の許しを得て自ら乞食(こつじき)して得た食物の半分を与えていたが、トウッラナンダー(偸羅難陀)比丘尼から嘲笑され呵責された。

またある時、彼女はマガダ国のアジャータシャトル(阿闍世=あじゃせ)王の一大臣によって、むりやり王宮に連れ込まれ凌辱を受けたが、このことが比丘尼衆の間で問題となった。そこで、釈迦仏は「汝はその時に快感を得たか」と問うと、彼女は「私は既にすべての欲を離れており、どうして快感を持つことがありましょうか」と答えた。仏は「このよう場合は、比丘尼は罪を犯したことにならない」と判定されたという。また十誦律2、経律異相23には、かつてコーサラ国のプラセーナジット(波斯匿=はしのく)王に迫られるも、脱して祇園精舎に至るとあり、仏は「心に愛染なくんば罪なし」と判定されたとも説かれている。



・超絶美少女と結婚しても、セックスレス
・元妻が、他の男の性奴隷にされてしまい、彼女を救い出す
・セックス三昧の日々を送っても、エクスタシーを感じなかった元妻の心はピュア!?

NTR(寝取られ)とか、そういうレベルの話じゃねー!!!
20歳の男が、16歳美少女と結婚しても指一本触れないって、性欲が消えてるの?

男性でもない、女性でもない「無性」という状態があるとしたら、大迦葉みたいな人なんじゃないだろうか?
だから、チンポを切ればいいってもんじゃないような気がするんだよね。(笑)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/835-3776a5b1

FC2Ad