ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVで妻避難、その住所を誤って夫へ…裁判官

まあ、人間ですから、うっかりミスをしてしまうことはありますよね?

裁判官って、慎重な人という思い込みがあったけど、全然そんなことはありませんでした。
所詮は人間ですから、しゃーないわな?

DVで妻避難、その住所を誤って夫へ…裁判官 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 夫から暴力を受けて避難し、離婚手続きを行っていた宮崎県内の20歳代女性の現住所を記入した書類を、宮崎家裁の裁判官が誤って夫に送付していたことが分かった。


 身の危険を感じていた女性は、夫に現住所を知らせないよう家裁に要望していた。家裁は「担当裁判官と書記官の不注意。漫然と事務処理をして見過ごした。女性に申し訳ないことをした」と謝罪している。

 宮崎家裁などによると、夫は2010年12月、妊娠中だった女性に暴行を加えたとして宮崎県警宮崎北署から警告を受けた。出産後の11年2月には、再び女性を殴ったとして暴行容疑で宮崎区検に書類送検された。女性は自宅とは別の場所に避難した。

 女性は同5月、宮崎家裁に生活費の分担請求を申し立てた。その際、夫からDV(配偶者や恋人からの暴力)被害を受けていたことや、現住所を夫に知らせないでほしいという要望を家裁に伝えた。しかし担当した女性裁判官は、双方の現住所が記載された審判決定文書を夫と女性に送ったという。

 女性からの問い合わせで発覚。身の危険を感じた女性はその後、宮崎市内でDV被害者を支援する団体の一時保護施設に入居した。女性側は家裁に転居に伴う費用の負担を求めたが、家裁は応じなかった。宮崎家裁は担当裁判官と書記官を口頭で厳重注意した。

(2012年6月15日12時58分 読売新聞)



裁判所って、最悪だね。

自分たちのミスで、被害をもたらしても弁償しないってさ。

口先で謝罪の言葉を並べるだけなら、誰でもできる。
=費用ゼロ円だから。

まあ、他人に完璧を求めるなんて、無駄なこと。
=完璧な人間なんて、想像上の存在でしかなく、実在しないから。

「期待は失望に変わる」
=人は要求されるレベルが高くなっていくと、応答できる内容がだんだん不完全になっていく。
=返ってくる対応が不完全になるほど、ガッカリする。

・簡単な要求 → 10を求めたら、10が返って来た → 期待通りで満足!
・高度な要求 → 100を求めたら、80が返って来た → 不足分の20にやや不満!
・困難な要求 → 1000を求めたら、200が返って来た → 不足分が多くすぎて失望!

そんなもんでしょ。

過剰な期待は、やがて失望に変わるということを念頭に置いて、行動した方がいいだろうな。

裁判所の仕事も、いい加減なもんなんです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/841-cc72b270

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。