ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

科学警察の証拠捏造

警察で行われている科学鑑定は、デタラメであることが分かりました。
考えてみますと、警察意外の第三者が、科学鑑定の結果を検証する仕組みがないから、当然といえば当然の結果ですね?

科捜研職員、過去書類で鑑定書くり返し捏造か : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 和歌山県警科学捜査研究所(和歌山市)の男性研究員が、証拠品の鑑定を行わないまま、繰り返し鑑定結果を捏造していたとの疑惑が浮上し、県警が内部調査に乗り出したことがわかった。

 こうした鑑定結果が刑事裁判で証拠採用された可能性もあり、県警は、証拠隠滅容疑などでの立件も視野に、研究員から事情を聞いている。

 捜査関係者によると、この研究員は化学部門を担当。麻薬やひき逃げ事故現場に残された車の塗膜片などの鑑定作業に従事しているが、以前行った同種の証拠品の鑑定書を流用し、件名などを書き換えるなどの方法で複数回、鑑定書をでっち上げた疑いが持たれている。

 刑事裁判で証拠採用された鑑定結果が虚偽とわかった場合、再審につながりかねないことから、県警は、刑事部内の捜査員を投入するなどして、研究員がこれまで関与した鑑定の内容に不審点がないか、調査を進めている。同研究所には約15人の職員が所属している。

 捜査関係者による証拠品の捏造や改ざんは相次いでいる。大阪府警泉南署では、元警部補が飲酒取り締まりで検出したアルコールの数値を捏造していたことが今年3月に判明し、証拠隠滅罪などで起訴された。府警福島署の元警部らも、強盗強姦事件の現場で採取された吸い殻の紛失を隠そうと、無関係の吸い殻を証拠品にでっち上げたとして、7月に同罪で有罪判決を受けた。

 こうしたことを受け県警は、不適切な証拠の取り扱いがないかなどについて、内部チェックを進めていたという。

 ◆科学捜査研究所=犯罪捜査のため、警視庁と各道府県警に設置されている研究機関。法医学や心理学、化学などの部門に分かれ、鑑識活動などで得られた遺留品や証拠品について、DNA型や血液型の特定、塗膜片などの分析、薬物の検出などを担う。

(2012年8月16日07時47分 読売新聞)



それでも、警察には自浄作用が残っていたのか、内部の不正に対してきちんと対処しているのですね。
少しは安心できるでしょうか?

科学捜査研究所 - Wikipedia

科学捜査研究所とは、日本の都道府県警察本部の主に刑事部に設置される公的研究機関。
鑑識課とは別。
科学捜査の研究および鑑定を行う。
略称は「科捜研(かそうけん)」。
犯罪現場の残された物的証拠は、事件・事故の真相を解明し犯人の逮捕を行う為の大きな手掛かりになるばかりでなく、訴訟手続上重要な証拠にもなるため、犯罪捜査の上で重要な役目を担う部署である。
警察庁科学警察研究所と連携して、日本の科学捜査を支えている。



科学警察研究所 - Wikipedia

科学警察研究所(National Research Institute of Police Science)は、日本の官公庁のひとつ。警察庁の附属機関である。略称は科警研(かけいけん)、NRIPS。

警察庁の附属機関の一つとして設置された組織。
科学捜査・犯罪防止・交通警察に関する研究・実験を行うとともに、警察内外の関係機関から依頼された証拠物等の科学的鑑識・検査を行うことを主な任務とする。
警察庁長官の命を受け、科学警察研究所長が所務を掌理する。
科学捜査研究所と混同されがちだが、科捜研が各都道府県警察本部の附属機関であるのに対して、本所は警察庁の附属機関である。
大学との研究連携も活発である。



「科捜研(かそうけん)」と「科警研(かけいけん)」
…確かに名前が似ているから、紛らわしいですね><
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/874-67c92a34

FC2Ad