ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

Windows XP で .NET Framework4.0の自動更新が失敗する場合の解決方法

PupSQLiteというソフトを動作させるために、「.NET Framework4.0」が必要になった。

Pup's Atelier-Software

PupSQLiteはSQLite3データベースを閲覧・作成・編集するためのソフトウェアです。
テーブル、ビューの作成、削除、編集、暗号化、 SQLiteDBとその他のDB間での テーブル同士の差異比較、重複レコードの抽出等が可能です。
Microsoft AccessやExcel、 XML、MySQL、SQL Server、postgreSQL、FireBirdからインポートやエクスポートにも 対応しております。
(.NET Framework4 、 C++ 2010 再配布パッケージが必要です。)



.NET Framework4.0をインストールした後、Windows XPの自動更新で、修正パッチが当てられた。
しかし、.NET Framework4.0の更新プログラムのうち、5個がインストールエラーになって、いつまでも更新できない状況になっていた。

次の更新はインストールされませんでした:
Microsoft .NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム、Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows 7 x86 および Windows Server 2008 x86 向け (KB2656351)
Microsoft .NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム、Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows 7 x86 および Windows Server 2008 x86 向け (KB2604121)
Microsoft .NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム、Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows 7 x86 および Windows Server 2008 x86 向け (KB2656368)
Microsoft .NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム、Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows 7 x86 および Windows Server 2008 x86 向け (KB2656405)
Microsoft .NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム、Windows XP x86、Windows Server 2003 x86、Windows Vista x86、Windows 7 x86 および Windows Server 2008 x86 向け (KB2686827)



ハッキリ言って、これはウザイ!

検索したら、解決方法が紹介されていた。

Windows XP で .NET Framework 更新プログラムのインストールが失敗する場合の解決方法

[コントロール パネル] が開いたら、[プログラムの追加と削除] をクリック

[プログラムの追加と削除] 画面が開いたら、[Microsoft .NET Framework 4 Client Profile] をクリックし、[変更と削除] ボタンをクリック

[Microsoft .NET Framework 4 Client Profile メンテナンス] ダイアログボックスが開いたら、[.NET Framework 4 Client Profile を元の状態に修復します] をクリック



これをやったら、更新プログラムがインストールできるようになった。

めでたし、めでたし☆(・∀・)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/898-286e1d26

FC2Ad