ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSVCR100.dllとは?

Visual Studio 2010 Express関係の不要なソフトをアンインストールした。
(参考)Microsoft User-Mode Driver Framework Feature Packとは?:逆襲のニート

そしたら、再起動後、エラーメッセージが出た!
アンチウィルスソフトとして「AVGアンチウィルス2013 FREE」を使っているのだが、
「MSVCR100.dll」がないので、「avgui.exeが実行できない」云々というエラーメッセージ。

MSVCR100.dll

検索したら、解決方法が紹介されていた。

VC++2010再配布可能パッケージのインストール | フリーウェアのQ&A【OKWave】

よくも知らずに不要かとMSVSやMSVC++とつくものをを適当にアンインストールしてしまい
AVG free 2013が
「MSVCR100.DLL が見つからなかったため、アプリケーションを開始できませんでした。」
と表示され開けなくなりました。

調べるとMicrosoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)をインストール必要がある



「Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)」ってのをインストールすれば、
「MSVCR100.dll」の不足が補えるらしい。

↓↓↓

Download: Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86) - Microsoft Download Center - Download Details

MSVCRセットアップ

MSVCRセットアップ完了

AVGアンチウィルスはVC++2010で作られていて、そのランタイムが動作に必要だった、ってことかな?
MS提供のコンポーネントなしでも、単独でインストール&動作できるように設計しておいてくれたらイイのに!!!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/952-582de50c

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。