ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<死刑囚>東京拘置所が処遇公開 運動場は金網越しに空

へー、死刑囚ってこういう生活してるんだね。

<死刑囚>東京拘置所が処遇公開 運動場は金網越しに空 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

毎日新聞 1月14日(月)9時35分配信

 70人の確定死刑囚を収容(10日現在)している東京拘置所(東京都葛飾区)が毎日新聞の取材を認め、死刑囚の居室や運動場、食事などを公開し、担当刑務官が死刑囚の処遇について語った。また、確定死刑囚の収容施設がない高松矯正管区を除く全国7矯正管区が情報公開請求に応じ、拘置所・拘置支所での処遇規程など21件167枚の死刑関連文書を開示した。死刑囚を巡るこうした情報公開は異例。

 東京拘置所が撮影を認めた「単独室」と呼ばれる死刑囚の居室は約7.5平方メートル。窓の向こうに、さらに曇りガラスとよろい戸に覆われた外壁があり、外の景色はほぼ見ることができない。風呂はワンルームのアパートなどに備え付けのユニットバスとほぼ同じ。運動場の広さは約15平方メートル。屋根はないが、頭上は二重の金網で覆われ、空は格子状にしか見えない。食事は1日約500円で賄われ、主食のご飯は米と麦の比率が7対3。副食は昼がおかず2品、汁物1品など。

 取材に応じた刑務官は「自殺や逃走の可能性を常に意識し緊張の連続」と語るとともに、死刑囚は他の死刑囚との処遇の差を気にする傾向があると指摘。「公平な処遇を心掛けている」と話した。また、執行されずに処遇が長期化して病死する死刑囚が少なくない現状に疑問を呈した。

 開示文書からは、死刑執行後の遺体処理について事前に意向を書かせたり、誕生月には居室で「誕生会」をさせたりするなどの処遇実態が分かった。

 上部組織の法務省矯正局も取材に応じた。拘置所などでは「有益と認められる場合」に死刑囚同士が居室外で接触することを許容しているが、96年以降、こうした集団処遇を一切行っていない実情などを明らかにした。

 法務省刑事局によると10日現在、東京拘置所以外の▽札幌拘置支所2人▽仙台同5人▽八王子医療刑務所1人▽名古屋拘置所13人▽大阪同20人▽広島同5人▽福岡同19人--を合わせ全国で135人の確定死刑囚が収容されている。【伊藤一郎】

 ◇「秘密主義」 転換の兆し

 死刑囚の処遇に関する情報が開示された背景には、裁判員裁判で一般市民が死刑判決に関わるようになったことや、死刑囚の数が戦後最多を更新し続けている状況がある。

 死刑に関わる情報は戦後一貫して「秘密主義」が貫かれてきた。だが、09年5月に始まった裁判員裁判では昨年末までに計15件の死刑判決が出された。極刑を巡る判断に一般市民を関わらせる以上、国は刑確定後の処遇についても可能な限り説明する義務がある。

 一方で法務省の統計によると、年末時点の確定死刑囚の数は1970年代後半で20人未満だったが、その後、増加傾向が続き、昨年末段階で一昨年末の戦後最多記録を更新、133人にまで膨らんだ。現場の刑務官の負担は大きくなり、処遇にかかる公費(税金)も増している。

 法務省の富山聡・矯正局総務課長は「死刑は執行が注目されがちで、長期にわたる処遇について関心を持たれにくい」と指摘。今回の一連の情報開示について「処遇実態を国民に正確に理解してもらった上で意見を伺うことが大切だと考えている」と語る。

 一方で、国際的には死刑は廃止の潮流にある。諸外国からの「なぜ日本は死刑を存置しているのか」との問いかけに真正面から応えるためにも、実情を広く知らせる必要があるだろう。【伊藤一郎】



死刑囚が使う運動場
死刑囚が使う運動場。開放感にひたれる雰囲気はない

死刑囚の居室と同型の「単独室」
死刑囚の居室と同型の「単独室」

麦入りご飯と豚肉のスタミナ焼き、切り干し大根、中華ナメコ汁
麦入りご飯と豚肉のスタミナ焼き、切り干し大根、中華ナメコ汁

キリスト教用の教誨室の祭壇には十字架やろうそく、聖書などが並ぶ
キリスト教用の教誨室の祭壇には十字架やろうそく、聖書などが並ぶ

札幌矯正管区が開示した内部文書。死刑囚が遺骨の引き渡し先や言い残しておきたいことなどを記載する
札幌矯正管区が開示した内部文書。死刑囚が遺骨の引き渡し先や言い残しておきたいことなどを記載する

死刑囚の一日
死刑囚の一日

就寝位置(単独室)
就寝位置(単独室)

刑務官の監視用通路から見た、東京拘置所の最上階に並ぶ手狭な運動場
刑務官の監視用通路から見た、東京拘置所の最上階に並ぶ手狭な運動場。上部は二重の金網に覆われ、場内から空は格子状にしか見えない=東京都葛飾区の東京拘置所で

特集:死刑囚の生活空間公開 死刑囚担当の刑務官は…「刑の存在意義に疑問」- 毎日jp(毎日新聞)

毎日新聞 2013年01月14日 東京朝刊

 東京拘置所で死刑囚の担当刑務官を束ねる上席統括矯正処遇官の男性(38)に、死刑囚に対処する際の心構えや苦労などを聞いた。

 −−死刑囚の処遇で心掛けていることは?

 ◆内面の変化を見逃さないよう日ごろの行動に細心の注意を払っている。死刑確定者は他の確定者との処遇の差に敏感な人が多く、公平な処遇に意を尽くしている。また、過度になれ合ったり、逆に距離を置き過ぎたりしないよう、一定の間合いを取ることを心掛けている。

 −−困難や苦労を感じることはあるか。

 ◆死刑確定者は、刑の執行を延期するため職員に暴行して刑事裁判に持ち込もうとしたり、自殺や逃走を企てたりする可能性があると常に意識しなければならない。緊張感を持続する大変さはある。

 −−記憶に残る出来事は?

 ◆刑務官になったばかりの頃に死刑確定者の身体検査をした際、恐る恐るやっていたのが相手に分かったようで、本人から「それではダメだ。やり直せ」と叱られた。この経験が糧となり、以後はどんな相手にも臆せず対応できるようになった。一方で、死刑確定者が眼鏡を折り凶器にして自殺を図ったり、別の死刑確定者が実際に職員に暴行したりといった事案も経験した。

 −−現場の実感から広く伝えたいことは。

 ◆死刑は一番重い刑罰なのに、次に重い無期懲役のように刑務作業を科せられるでもなく、ただ長期に収容されて病死していく確定者も少なくない。こんな(収容だけして執行されない)実情に接していると、死刑という刑罰の存在意義に疑問を感じることがある。




名言集

人間は死刑を宣告されている死刑囚だ。ただ無期執行猶予なのだ by ヴィクトル・ユーゴー



塀の中の黙示録Ⅱ(上):犯罪、刑罰

 自由に満ち溢れた現代人―
 彼らが日常生活の中で自由の喜びを実感する瞬間が果たしてあるだろうか‥‥。「塀の中」が『不自由の刑』なら、娑婆の人たちは哲学者「サルトル」が言ったように『自由の刑』に処せられているのかもしれない。



人間はいずれは、死んじまうもんさ。
娑婆にいる人間は、自由であることを忘れずに、幸福になる努力を怠ってはいけないだろう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/954-521705c9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。