ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

中国と日本の戦争

中国が日本と戦争するらしい。
ほんまかいな!?

「戦争に備えよ」=尖閣も念頭か、全軍に指示―中国 (時事通信) - Yahoo!ニュース

時事通信 1月14日(月)21時15分配信

 【北京時事】中国人民解放軍総参謀部が2013年の軍事訓練に関して「戦争にしっかり備えよ」と全軍に指示していたことが分かった。14日付の軍機関紙・解放軍報が一面トップで伝えた。沖縄県・尖閣諸島や南シナ海などの問題を念頭に、軍事衝突も想定して、軍の準備を加速させる狙いがあるとみられる。

 解放軍報によると、軍事訓練に関する指示は、習近平・中央軍事委員会主席(共産党総書記)の重要指示に基づいて作成。「戦争思想を強化し、危機意識を高めよ」「戦争にしっかり備え、実戦の必要性から出発し、部隊を厳しく訓練せよ」「戦争能力を高めよ」などと指示している。



単なる脅しなのか、本気で戦争を仕掛けるつもりなのか?

日本と中国が戦争したら、日本は勝てるのかな?

「戦争の準備をせよ」対日想定…中国軍指導部が全軍に指示+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

2013.1.14 19:03 [中国]

 【北京=矢板明夫】中国人民解放軍を指揮する総参謀部が全軍に対し、2013年の任務について「戦争の準備をせよ」との指示を出していたことが明らかになった。14日付の軍機関紙、解放軍報などが伝えた。また、国営中央テレビ(CCTV)など官製メディアは最近、連日のように日本との戦争を想定した特集番組を放送し、軍事的緊張感をあおっている。

 沖縄県・尖閣諸島周辺での自衛隊との軍事衝突を意識して、習近平新指導部がその準備と雰囲気作りに着手し始めた可能性がある。

 解放軍報によれば、総参謀部が全軍に向けて出した2013年の「軍事訓練に関する指示」の中で、「戦争準備をしっかりと行い、実戦に対応できるよう部隊の訓練の困難度を高め、厳しく行うこと」と記されている。総参謀部は昨年も訓練指示を出していたが、「軍の情報化や部隊間の横の連携の重要性」などを強調する内容が中心で、今年のような戦争を直接連想させる表現はなかった。

 中国指導部が戦争準備に向けて大きく一歩踏み込んだことがうかがえる。

 同紙は今年の訓練目標について、昨年11月に就任した習近平・中央軍事委員会主席の重要指示に基づいて作成したと解説している。

 また、中国の主要メディアは今年に入って、「尖閣戦争」を想定した番組を連日のように放送している。中国軍事科学学会の副秘書長、羅援少将や、元海軍戦略研究所長の尹卓少将ら多くの軍関係者が出演し、主戦論を繰り広げている。そのほとんどは習総書記と同じく太子党(元高級幹部の子弟)のメンバーで、習総書記の意向が反映している可能性が高い。

 一方、日本と外交交渉を通じて尖閣問題の解決を主張する学者らはほとんどメディアに呼ばれなくなったという。ある日本研究者によると、最近北京で行われた尖閣問題に関するシンポジウムで、「論争の中心は対日戦争を小規模にとどめるか、全面戦争に突入するかが焦点になりつつある。小規模戦争を主張する人はハト派と呼ばれ、批判されるようになった」という。

 共産党筋によれば、習近平総書記は昨年11月の党大会で、軍人事の主導権を胡錦濤国家主席が率いる派閥に奪われた。習氏は現在、軍内の保守派と連携して、日本との軍事的緊張を高めることで、自身の求心力を高め、主導権を取り返そうとしているとみられる。



日本と戦争をするってことは、日米安保条約があるから、
イコールでアメリカに喧嘩を売るってことだけど、
中国には、本気でそこまでやる覚悟があるのかな?

あるとしたら、大したもんだ!!!
(って、感心してる場合じゃないけどw)

●中国の選民思想
中国人には、中華思想という選民思想があります。
=「中華」ってのは、中国が世界の中心という考え方。

中華思想 - Wikipedia

中華思想(ちゅうかしそう)は、中国が宇宙の中心であり、その文化・思想が神聖なものであると自負する考え方。
学術用語では華夷秩序(かいちつじょ)と称することもあるが、両者の意味合いは異なる所もある。

華夷の序に基づく異民族への蔑称「四夷」
中国人の考える中華思想では、「自分たちが世界の中心であり、中心から離れたところの人間は愚かで福も着用しなかったり獣の皮だったり、秩序もない」ということから、四方の異民族について下記のような蔑称を付けた。
これを「四夷」という(竹内実『中国の思想』NHKブックス)。



中国は他国を軽蔑する前に、中国内の貧乏な農家を助けてやれよ!って話ですね。

日中開戦 習近平新政権にとって、後退するという選択肢はない  | 北京のランダム・ウォーカー | 現代ビジネス [講談社]

なぜ、今この時期に、中国が日中開戦を主張するのか?
この発言によって、誰が利益を得るのか?という利害関係を検討してみる。

先の選挙で勝った自民党は、安倍政権になった。
安倍首相は、改憲論者で、軍国化を肯定している。

夏の参院選で、安倍首相の支持率を上げて、自民党が勝つには、国民の支持を得られなければいけない。
中国が日本と戦争やるぞ!と脅してきたら、そりゃーアンタ、アホな日本人はコロっとだまされて、安倍首相の軍国化を支持するでしょうね?

中国と日本のトップは、裏でつながっているんじゃないか?と疑っちゃいますねw

戦争はやりたい奴らが勝手にやってりゃいいさ。
やりたくない奴まで巻き込むな!

俺は戦争で死にたくないね~><
悠々自適のお気楽極楽人生を全うしたいw

戦争で死にたい奴って、ただのバカじゃね?
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/955-396014ab

FC2Ad