ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多発性癌と転移癌の違い

体のあちこちに癌ができる場合、
(1)多発性癌
(2)転移性癌
の2種類に分類できるらしい。

多発性癌 - Google 検索

多発性癌と転移癌の違いは? - 保団連 健康相談サイト

回答医:皮膚科医B 投稿日時:2010年4月15日 9時26分

多発性の場合は色々なところ、色々な臓器から癌が発生します。
がん細胞にもその発生した臓器によって色々な顔をしています。

胃の腺細胞が癌化したもの、乳腺細胞が癌化したもの、皮膚の上皮が癌化したものなどいろいろな種類の癌細胞が混在した状態が多発です。

転位性の場合は、発生母地は一つですから同じ顔の癌細胞が色々なところに転移した状態です。

では、同じ種類の細胞が複数の場所で癌化した場合はどうか?ですが、これは多発ですが、こういう場合は時に転移との区別がつかないことがあります。



なるほど!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/974-0c58f611

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。