ようこそ!逆襲のニートブログへ

ブログ内検索

最近の記事

はてなブックマーク数

この日記のはてなブックマーク数

カテゴリー

月別アーカイブ

痴漢詐欺に注意!?

今日、久々に意味が分からないニュースがありました。
痴漢されたい女性を探していたら、だまされて、一般女性を痴漢してしまい逮捕された男性のニュースです。
こんなアホな事件が起こるということは、日本は平和なのでしょうか?><

「痴漢サイト」なりすまされた女性を痴漢

スポーツ報知 5月9日(木)7時4分配信

 和歌山東署は8日、電車で女性に痴漢行為をしたとして、大阪府岸和田市の介護士・小川雅矢容疑者(26)を強制わいせつの疑いで逮捕したと発表した。

 小川容疑者は「痴漢をしたい人とされたい人が出会うインターネットのサイトを見てやった」と供述しているが、女性は「サイトを利用したことはない」と話している。同署は何者かがネット上で女性になりすましたとみて調べている。

 同署によると、小川容疑者は4月30日午前7時12分ごろ、JR和歌山線の粉河駅で普通電車に乗車。同じ駅で乗車した和歌山県紀の川市の女性(23)の左隣に座り、スカートの中に手を入れ太ももや腹を触った。女性は背後に立っていた別の男からも同時に胸を触られていたが、「やめてください」と言うと男は逃走。女性は電車がJR和歌山駅に停車した時に小川容疑者の腕をつかんで駅員に引き渡した。

 小川容疑者は「ネットのサイトで女性から電車の時間と車両を指定された」と供述。同署によると、痴漢の待ち合わせ掲示板に4月23日付で「和歌山線の粉河~海南まで痴漢してくれる人いませんか」という書き込みがあった。しかし、女性は掲示板を利用しておらず、当日も携帯電話を持っていなかったという。



被害にあった女性は、もちろんかわいそうだけど、加害者になってしまった男性も、ある意味、被害者なのではないだろうか?

てか、そもそも、痴漢を募集するサイトって、どうよ!?
そんなアホなサイトを利用している時点で、男はアホ確定なわけだが。

ターゲットにされた女性は、誰かに恨みを買っていたのだろうか?
単なる愉快犯に、標的にされてしまったのだろうか?

「君子危うきに近寄らず」ということわざもあるから、こういうサイトは利用しない方がいいだろう。
素敵な彼女がいたら、こんなサイトなくてもいいだろ?
=努力する方向性が間違ってるよ><



強制わいせつ:ネットに「痴漢して」うその書き込み見て…電車内で女性触る 容疑で男逮捕--和歌山東署 /和歌山

毎日新聞 5月9日(木)16時14分配信

 和歌山東署は8日、電車内で女性を触るなどしたとして、大阪府岸和田市額原町、介護士、小川雅矢容疑者(26)を強制わいせつ容疑で逮捕したと発表した。同署によると、小川容疑者は、インターネットの出会い系サイトで、痴漢されるのを望む女性の書き込みを見て触ったと供述しているという。しかし、被害女性が実際に書き込みをした形跡はなく、同署は、何者かが女性になりすまして書き込んだとみて捜査している。

 容疑は先月30日午前7~同8時の間、JR和歌山線の普通電車内で、紀の川市の女性(23)のスカートの中に手を入れ、太ももなどを触ったとしている。

 同署によると、女性が取り押さえて駅員に突きだした。もう1人触った男がいたが、そのまま逃げたという。【入江直樹】

5月9日朝刊





女性から「痴漢されたい」という書き込み なりすましに騙され、実行した男が逮捕

J-CASTニュース 5月9日(木)18時30分配信

 電車内で女性に痴漢したとして、強制わいせつの疑いで、大阪・岸和田市の男性(26)が2013年5月8日までに和歌山県警和歌山東署に逮捕された。

 容疑者は、「痴漢をしたい人とされたい人が出会う掲示板」の書き込みを見て、被害者が「痴漢されたい人」だと勘違いして痴漢行為に及び、逮捕されてしまったという。

■被害女性は掲示板利用なし、携帯電話も所持せず

 事件は13年4月30日朝、JR和歌山線内で起きた。

 粉河駅(紀の川市)から普通電車に乗った容疑者は、同じ駅で乗車した女性の隣に座った。ボックス席の窓側に座る女性の下半身などを執拗に触り、さらに女性の背後に立っていた別の男も胸を触った。

 女性が「やめてください」と言うと、胸を触っていた男は途中駅で降りて逃走した。容疑者はそのまま乗り続け、終点のJR和歌山駅(和歌山市)で女性が駅員に引き渡した。

 和歌山東署によると、女性は初めから抵抗していたが、2人は痴漢行為をやめなかった。女性が声を上げ、男が逃走した段階で、やっと容疑者が痴漢をやめて女性に背を向ける状態になったが、周囲の目があって逃走もできず、あえなく御用となった、ということらしい。

 容疑者は「痴漢の待ち合わせ掲示板で、女性から電車の時間と車両を指定された」と供述しているが、被害女性は掲示板を利用していないといい、当日も携帯電話を持っていなかったため、書き込みできない状態だったというのだ。

「少し嫌がる様なそぶりもしますが、気にしないでね」と利用者を煽る

 容疑者が利用したのは、近畿地方で痴漢したい人とされたい人が出会うための掲示板だ。この掲示板に13年4月23日、「ゆい」という名前をかたるユーザーが「和歌山線の粉河~海南まで痴漢してくれる人いませんか」「朝7時10分発の4両編成で、いつも前~二両目か1番後ろの車両に乗ってます」などと書き込んだ。

 その後も「30日の火曜はいつもの朝の電車乗ります。服装と何両目に乗ってるかは当日の朝掲示板で連絡します」(4月27日)、「明日、乗ります。(中略)リアル感が余計に興奮しちゃうので、少し嫌がる様なそぶりもしますが、気にしないでね」(4月29日)などと利用者を煽り、複数のユーザーから「参戦もしくは見学させてもらえますか?」「いけたらお願いしたいです。ルールマナー守ります」との反応があった。

 事件当日の30日朝7時過ぎには「今~後ろの車両に乗りました。濃いめの肌色のフレアーのスカートに紺色のブレザー、茶っぽい横しまのインナーに鞄二つ持ってます」と、人物が特定できるような書き込みをしていた。「声かけ無しでリアルに触って下さい」との書き込みもあり、容疑者はこの掲示板を見て、当事者かどうか確認もせず、女性になりすました何者かに騙されて痴漢してしまったということらしい。

 この掲示板には5月8日、管理人から「皆様ご存知のように、掲示板利用者から逮捕者が出ております。事の原因となったと考えられる利用者のIPアドレス、ホスト名、端末情報は既に控えておりますので、警察から開示を求められれば過去のログと共にすぐに提出いたします」とのメッセージが書き込まれた。

 和歌山東署では書き込みをした人物などについて、現在慎重に捜査を進めている。また、途中で逃げた男について、現場を目撃していたという人や逃げた方向を知っているという人の情報提供を呼びかけている。連絡先は073-475-0110。

 なお、書き込んだ人物が特定された場合、痴漢をする気があった人をそそのかしたということになると痴漢ほう助、する気がなかった人を強くそそのかしたということになると痴漢教唆の罪に問われる可能性があるという。





「呼びかけサイト」見て痴漢も思いがけない展開に

テレビ朝日系(ANN) 5月9日(木)18時39分配信

 痴漢を呼びかけるサイトの書き込みを見て、犯行に及んだと話しています。

 介護士の小川雅矢容疑者(26)は先月30日、JR和歌山線の電車内で、23歳の女性の足を触った疑いが持たれています。警察の調べによりますと、小川容疑者は、犯行前に痴漢を呼びかける掲示板サイトにアクセスしていました。サイトには、何者かが被害女性になりすまし、乗る車両や服装などの特徴を書き込んでいました。小川容疑者は「面白いことがあると思い、やってしまった」と容疑を認めています。警察は、女性になりすまして書き込んだ人物の特定を急いでいます。

最終更新:5月9日(木)18時39分





「痴漢してくれる人いませんか」 書き込み信じ痴漢の男を逮捕

フジテレビ系(FNN) 5月9日(木)18時2分配信

「痴漢してくれる人いませんか」というインターネット上の書き込みを信じて、実際に女性に痴漢した男が逮捕された。

4月30日、電車内で女性のふとももや腹部を触ったとして、強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、大阪・岸和田市の介護士・小川雅矢容疑者(26)。

その供述から、今回の痴漢事件は、インターネット上での書き込みが引き金とわかった。

小川容疑者は「痴漢プレイに関心を持っていて、掲示板を見てやった。書き込みにあった通りの服装だったので、その女性だと思った」と供述している。

小川容疑者がこう供述したインターネット掲示板の書き込みは、「痴漢してくれる人いませんか。朝7時10分発の4両編成で、いつも前から2両目か、一番後ろの車両に乗ってます。誰かいたら、よろしくお願いします」というものだった。

「ゆい」と名乗る人物によって書き込まれたのは、男女が合意のうえで痴漢行為に及ぶ目的で開設されたという、インターネット上の掲示板。

ゆいと名乗る人物は、JR和歌山線の粉河駅から和歌山駅を経て、海南駅へ向かう電車内で、自分に痴漢をしてほしいと書き込んでいた。

しかし、実際に痴漢被害に遭った女性は、この痴漢をしてほしいという書き込みについて、「心当たりがない」と警察に話しており、何者かが女性になりすまし、書き込んでいたとみられている。

掲示板には、「明日、行けますよ? よかったらご一緒させていただけませんか」などと、ゆいと名乗る人物への反応が相次いでいた。

警察によると、「たく」というハンドルネームで、「参戦、見学どちらでもよいのでお願いしたいです」と書き込みをしたのが、実際に痴漢行為に及んだ小川容疑者だという。

事件当日の朝、小川容疑者は粉河駅で、ゆいと名乗る人物からの書き込みを待っていた。

すると、事件当日の午前7時15分、再び、ゆいと名乗る人物から、「電車に乗った」との書き込みが掲示板にあった。

実際にその電車には、被害女性も乗り込んでいた。

「今、後ろの車両に乗りました。濃い目の肌色のフレアーのスカートに紺色のブレザー。かばん2つ持ってます。早く来て!」と、被害に遭った女性の服装や持ち物、そして、どの車両に乗り込んだかをくわしく記した書き込み。

女性になりすましていた人物は、実際に女性と同じ電車に乗り込んでいたとみられる。

そして、小川容疑者も同じ電車に乗りこむと、掲示板に書き込まれた服装から、女性の姿を確認し、4人がけのボックス席に座っていた女性の隣に座ると、女性を書き込みをした相手と思い込んだまま、痴漢行為に及んだ。

さらに、女性の背後には、掲示板を見たと思われる別の男が立っており、この男も女性の襟から手を入れ、体を触るなどしたという。

電車が和歌山駅に到着する前に、被害女性は一度、立ち上がり、「やめてください」と言うと、後ろに立っていた男は、途中の駅で、電車を降りて逃げていったという。

しかし、その後も小川容疑者は女性に対し、痴漢行為を続けていた。

行為をやめなかった理由について、小川容疑者は「掲示板に嫌がるそぶりも見せると書いてあったので、さらに執拗(しつよう)にやった」と供述している。

そして、電車が和歌山駅に到着したところで、被害女性は、小川容疑者の腕をつかみ、「この男、痴漢です」と駅員に突き出した。

警察は、この犯行の引き金となったなりすましの書き込みを行った人物について、強制わいせつの共犯にあたるとして、捜査を進めている。

元東京地検特捜部検事の中村信雄弁護士は、今回のなりすまし行為の悪質性について、「書き込み行為自体が、裁判では、痴漢行為と同等の評価。つまり、強制わいせつ罪が成立するということになる。(なりすました人物が)実際に電車に乗っていたとすれば、巧妙な、悪質な犯罪とみられ、裁判では重い量刑になるのではないか」と語った。

また、インターネットの犯罪にくわしい、ITジャーナリストの三上 洋氏は、女性になりすまして書き込みを行った人物の目的について、3つの可能性を挙げている。

三上氏は「1つは、この女性に怨恨(えんこん)がある場合です。2つ目が、痴漢を見物する、のぞきみたいなことを趣味にした人物が、いたのかもしれないということです。もう1つあるのは、インターネット上の『釣り』行為だった場合です。痴漢をする人物をばかにするために、わざとこういうことを仕掛けて捕まえさせた。犯罪をリアルにさせるという意味で、今までのなりすましより、かなり悪質だと思います」と語った。

最終更新:5月9日(木)18時39分



被害者には申し訳ないが、男のアホさ加減には笑わずにはおられまい。

てか、痴漢募集サイトを作った奴、あと、なりすましで書き込みした奴、てめーらもダメだwww

冤罪の恐怖  人生を狂わせる「でっちあげ」のカラクリ
大谷 昭宏
ソフトバンククリエイティブ
2011-03-02
1470円

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://gooddays1.blog37.fc2.com/tb.php/994-7500efd8

FC2Ad